2023年は暗号投資リテラシーが重要に、精査か破滅か

記事 Shubham Pandey
23 1月 2023, 11:12 GMT+0900
26 1月 2023, 12:01 GMT+0900
概要
  • 投資を始める前に暗号通貨プロジェクトを調査する必要性について、その機運が高まっている。
  • 北米の投資家の64%が、暗号資産投資を行う前にリサーチに費やす時間は2時間未満だという。
  • 「暗号資産ブームに乗った人たち」は概してリスクを回避し、資産運用に賢明な集団であることに変わりはない。

暗号資産市場が成熟しつつある中、暗号資産での投資リテラシーは依然として最重要課題となっている。多くの投資家が現在、いくつかの兆候だけを見て、やみくもに資金を投入してしまっている。これにより、ポートフォリオと暮らしの両方を壊滅させてしまう可能性がある。

生活していく上で欠かせない多くのライフスキルの中で、金融リテラシーは最たるものの1つだろう。暗号資産業界は普及率が伸びているものの、偽情報による恐れと不安、疑念に満ちている。

2022年、デジタル通貨の消費者教育を幅広く推進する業界団体CryptoLiteracy.orgは、米国、ブラジル、メキシコの暗号資産に詳しい回答者1,000人を対象に暗号資産リテラシーのクイズを実施した。その結果、91%が予備試験の時点で不合格となった。これは憂慮すべき統計であるとともに、人々が純粋な投機目的で暗号資産市場に参加していることを示すものだ。

このことは、多くの投資家が短期的な投資をしているか、ソーシャルメディアの誇大広告がマーケットの大部分を動かしていることを示唆していることになる。また、投資家は暗号資産に飛びつく前に、その真のバリュープロポジションを理解する必要があり、将来のボラティリティの布石となる。

暗号資産投資の誇大広告への理解

ビットコインイーサリアム、そして暗号資産の世界には多くの誇大広告があり、有望な起業家たちがこの分野におけるソリューションや製品を作り上げつつある。しかし、悪徳業者はこの誇大広告から利益を得ようとし、疑わしいコインやNFT、その他のスキームを作り出しているのも事実だ。

また、暗号資産が違法であるという誤解がまかり通っている。暗号資産は、ほとんどの国で違法ではないが、ほとんど規制されていないのも事実。そのため、この分野で何か新しいものが導入されたとしても、投資家を保護するための規制の枠組みがない状態が常態化している。

2014年から2018年にかけては、個人が暗号資産業界について知るには、フォーラムを覗いたり、質問を書き込んだり、人の言葉を鵜呑みにしたりするくらいしか方法がなく、情報を集めるのは容易ではなかった。その後、業界はより構造化され、より多くの人材やグループが、新たに参加しようとする投資家を支援する取り組みを増やしてきている。

着実な成長を見せる暗号資産の分野

一般向けの教育だけでなく、規制当局の教育もより重要視されている。何がう機能し、何が機能しないのかを定義するために、規制当局は熟慮しなければならないことがたくさんある。規制当局は、国民にとって何が最も適切かについて、机上の空論で仕事をすることはできず、また、そうすべきでもない。

技術革新は、暗号資産リテラシーを実現する上で大きな役割を担っている。2000年代初頭は、ビジネスのオンライン化一色だった。このことは、すべての世代に影響を与え、誰もがオフラインからオンライン接続というこの変化を学び、受け入れるよう、有機的に推進された。

デジタル接続の新時代における急速な技術革新は、財政を含むコネクティビティを次のレベルに引き上げることを可能にしている。

金融リテラシーの重要性

何千もの暗号資産プロジェクトや、それぞれのコイン、トークンが存在するこの分野では、投資前の適切な調査がこれまで以上に重要となっている。BybitとTolunaの「暗号資産リテラリーレポート」によると、暗号投資のリサーチ方法は、ほかの伝統的な投資とまったく同じというわけではありません。

BeInCryptoに共有された結果によれば、19のマーケットの1万0,500人の特定の回答者のうち、1,748人が「暗号資産投資家」であると識別された。調査の主な目的は、暗号資産に関するリテラシーを理解すること。具体的には、回答者が暗号資産に投資する前に、調査に費やした方法と時間についてだった。

暗号資産投資リテラシー・フレームワーク 出典:Bybit

調査結果の注目べき点としては、大半のアメリカ人がほとんど調べずに盲目的に暗号通貨を購入していることがわかった。これは、以下のプロットを見ても明らかで、北米の64%が、暗号資産プロジェクトに投資する前の調査時間は2時間未満であることを示している。

デューデリジェンスに費やした時間 SourceSource: Bybit

多くの投資家が、創業者の信頼性、評価、支援者の信頼性など、評判に関する要素に基づいてプロジェクトを選択すると答えている。また、目的やコンセンサス・アルゴリズムなどの技術的な要因を検討する者もいた。

投資前に確認すべきポイント(各カテゴリーから上位3つを赤色で強調) 出典: Bybit

しかしながら、評価要因は操作され、誤解を招く可能性もある。その一例が、FTX取引所とそれぞれのFTTトークンに投資された何十億ドルもの資金だ。この取引所の破綻により、世界中の投資家に金銭的損失の波が押し寄せた。これは、DYOR(Do Your Own Research:独自で調査を行う)や自分で調査することの重要性を示している。

年齢層では、いわゆる「団塊の世代」がゲームに資金を投入する前に、より慎重なアプローチをとっており、リスクに精通した投資家に似ている。団塊世代は、テクニカルな要素を重視するため、ほかの世代に比べ平均で 20%程度知識があると言える。34%の団塊世代は、特定のプロジェクトに何日もかけて研究している。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。