専門家がビットコインの今後を予測「連邦準備制度の次の動きにかかっている」2022年のような暴落か、高値更新か?

記事 Ali Martinez
23 1月 2023, 19:22 GMT+0900
26 1月 2023, 08:56 GMT+0900
概要
  • 専門家が、米・連邦準備制度による金融政策の変更が暗号資産市場、特にビットコインの価格に与える潜在的な影響について推測。
  • 消費者物価指数(CPI)で測定されるインフレ率は、2022年半ばに9%とピークに達し、現在は目標の2%レベルに向かって減少しており、これは政策の転換を示唆している可能性がある。
  • BTC価格は、ドルが世界の基軸通貨としての役割を担っているため、米ドルの世界的な流動性が今後どのように推移するかに大きく依存している。

ボラティリティと分散型の性質で知られるデジタル通貨、ビットコインが再び注目を集めている。

BTCの最近の値動きを踏まえ、BitMEXのアーサー・ヘイズ元 CEOら金融専門家は現在、連邦準備制度による金融政策の変更が暗号資産市場に与える潜在的な影響について推測しは始めている。

ビットコインが新たな強気相場を展開か?

米国労働統計局の最近のデータによると、消費者物価指数(CPI)で測定されるインフレ率は、2022年半ばの9%をピークに、現在は目標の2%レベルに向かって低下していることが明らかとなっている。専門家たちによると、このトレンドは、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長による政策転換のシグナルであり、景気後退の脅威に対応した量的引き締め(QT)から脱却する可能性があると考えられるという。

出典: 米国労働統計局

しかしながら、これはビットコインにとって何を意味するのか。暗号資産市場、特にビットコインは、中央銀行や大規模な金融機関による操作から独立して運営されていると多くの人が主張している。さらに、ビットコインの価格は、世界の基軸通貨としての役割を担っているため、米ドルの世界的な流動性が今後どのように推移するかに大きく依存している。

最近のマーケットの動きは、投資家が連邦準備制度理事会の政策の軸足を予想していることを示唆していおり、一部の専門家は、FRBが政策転換に踏み切った場合、現在のビットコインの上昇を継続させ、「長期的な強気相場」が開始される可能性があると予測している。

出典: BeInCrypto

それでもなお、FRBがフォロースルー(追従)しなかったり、ピボットへの期待を打ち消したりした場合、ビットコイン価格は以前の安値に向かって再び暴落する可能性もある。

ほかのマーケットと同様に、暗号資産市場も変動や修正の可能性があることに留意することが重要だ。その証拠として、Three Arrows CapitalFTXGenesisCelsiusといった企業の失敗を指摘する声もある。しかし、これら企業の破綻は、マーケットが自ら修正し、ビジネスモデルに欠陥のある経営不振の企業を一掃するための自然な流れであり、最終的には迅速かつ健全な回復につながったという意見もある。

金融政策の行方と、それが暗号市場に与える潜在的な影響を世界が注視し続ける中、1つだけはっきりしていることは、ビットコインとデジタル通貨の世界は急速に進化しており、変動と成長の両方の可能性が高く維持されていることだ。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。