詳細を見る

ビットコイン最大のマイニングブロックとNFTの影響の実態

6 mins
記事 Ali M.

ヘッドライン

  • 2月1日NFTプロジェクト "Taproot Wizard" 使用のBTCネットワークが過去最大ブロックに
  • ブロックトランザクションは、インディー開発者が”Ordinals”を使って実施
  • BTCブロックチェーンの急拡大がネットワークセキュリティに影響を与える懸念が発生
  • promo

2月1日、ビットコインネットワークは史上最大のブロックをマイニングし、歴史に名を刻んだ。約400万のトランザクションを収めた同ブロックは、NFTプロジェクト “Taproot Wizard” を使用するインディー(indie)開発者によって送出された。

開発者やプロジェクト名は明らかにされていないが、このトランザクションはビットコインコミュニティーに波紋を広げており、ビットコインネットワークへの攻撃ではないかという声もある。これに対し、開発者の”Udi Wertheimer”氏と元Bitcoin Core開発者の”Casey Rodarmor”氏は、同トランザクションが”Ordinals”の(プロトコル)コンセプトに基づくイノベーションであると主張している。

ビットコインNFTの稼働

Ordinalsは、ビットコインが安定したパブリックIDを持たないことへのソリューションとして導入されたものだ。ビットコインアドレスは通常1回しか使用できず、ウォレットアカウントはローカルであるため、公開鍵(キー)と秘密鍵(キー)のオーナーシップを譲渡することができない。Ordinalsは、各サトシ(satoshi:BTC最小通貨単位)をアウトプットごとにマーキングし、ビットコインの譲渡可能なアカウントまたはIDを作成することで、この問題の解決を図っている。

NFTプロジェクト”Taproot Wizard”では、発行者が特定のサトシを使用してJPG画像を参照し、NFTの識別と流通を実行している。こうした手法は革新的だが、一方でビットコインコミュニティーには懸念も広がっている。

大規模なトランザクションとブロックを伴って、ビットコインのブロックチェーンサイズが急速に拡大すると、フルノードを稼働するデバイス要件が増加し、また、ネットワークの抗検閲機能を低下させる可能性もある。さらに、ウォレット、マイニングプール、ブラウザー設備に影響を及ぼし、一部の障害につながり、ネットワークセキュリティが低下することにもなる。

今後は難しい選択を迫られる

ビットコインコミュニティは、この問題に対処する上で難しい選択を迫られている。何もせず、このままブロックチェーンへのアプリケーション参入を認めると、OP_RETURN(トランザクションのRETURN)制限や容量拡大に関する議論が無意味になりかねない。

また、データサイズの上限を上げるためにネットワークをハードフォーク(仕様変更)することも問題だ。全ノードを更新することになり、分散性が損なわれるからだ。大きいブロックやトランザクションを拒否するための主要プール間の部分的コンセンサスは運用上難しく、手動のブロックレビューが必要になるかもしれない。

全体として、ビットコインの規模が大きいために、スムーズなハードフォークは考えにくく、最も可能性が高い選択は最初のオプション(何もしないこと)だ。今回の事件は、ビットコインの限度能力へのソリューションの必要性を露呈したとともに、コミュニティにおけるイノベーションと検証に関する新しいうねりも引き起こした結果となった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー