詳細を見る

米国生産者物価指数、インフレ率の鈍化を示唆、ビットコインは上昇機運を継続

5 mins
記事 David Thomas

ヘッドライン

  • ビットコインが21,400ドルを突破し、多くの投資家が2022年12月の米PPIの低下を受け、FRB利上げ鈍化を予想
  • 2022年12月、商品の製造原価は0.5%低下し、アナリストの予想を0.1%上回った。
  • promo

2022年12月の生産者物価指数(PPI)からくるインフレ後退の兆候は、ビットコインがFTXの下落以来占めている1万6,000ドル〜1万7,000ドルを超えて上昇し続けていることを示す。

米PPIの前月比で低下したことから、FRBの引き締め政策がインフレ抑制を示唆しているため、ビットコインは前2週間の上昇をしっかりと保ち、2万1,400ドル付近で取引された。

PPIは卸売物価の劇的な減少を示した

2022年12月の卸売物価は前月比0.5%低下し、予想の0.1%を上回った。食品とエネルギーを除いた、いわゆるコアPPIは2022年12月に10分の1上昇し、2022年11月の0.4%増から低下した。

米国生産者物価指数 前月比|ソース: YCharts

2022年12月の最終需要PPIは前年比6.2%上昇し、アナリスト予想の6.8%を上回ったが、通年のコアPPIは4.6%とやや下降した。2022年12月の小売売上高はアナリスト予想の1%減に対し、1.1%減と予想をやや上回った。インフレを調整しない場合、この減少は米国のホリデーシーズンにおける消費者需要の軟化を示唆している。

PPI発表後、ビットコインは0.3%高の2万1,455ドル、今週初めの1万6,000~1万7,000ドルのレンジから抜け出し、ETHは0.8%高の1,580ドルとなった。

BTC/USD | ソース: TradingView

生産者物価指数は、米国労働統計局から毎月発表され、数百の経済セクターの国内生産者が完成品を生産するために支払う金額を測定する。製造業者が商品やサービスを作るために支払うコストが高くなれば、そのコストの一部を消費者に転嫁することができ、インフレの一因となる。前月比でPPIが下がるということは、メーカーが節約したコストをエンドユーザーに転嫁できることを意味している。

JPモルガンCIO、投資家の楽観的な見方にもかかわらず景気後退の可能性は依然高いと指摘

投資家がますます強気になっているのは、市場が中央銀行による引き締め政策の終了と、2022年のいくつかの主要暗号資産が破綻したことで伝染効果が衰退してきたと考えているためだ。

ビットコインは2023年1月17日までの2週間で28%上昇し、資産が約1,000ドルで取引されて以来見られなかった上昇を記録した。AvaTradeのナイーム・アスラム氏によれば、投資家が再び安心できるようになるには、ビットコインが3万ドル台に突入する必要があるという。

「確かに、私たちは決して危機を脱したわけではない。そのため、ビットコイン価格が(中略)3万ドル台を突破する必要がある」と警告している。

JPモルガン・アセット・マネジメントのCIO兼債券・通貨・コモディティ部長ボブ・ミシェル氏は、ベースケースとして2023年2月と3月に利上げを行い、年後半には利上げを一旦停止すると予想している。

ミッシェル氏は、賃金の伸び悩みと失業率の低下を明らかにした最近の雇用統計から、年央には景気後退が起こり、その後、賃金の上昇がさらなるインフレを促進するため、さらなる利上げが行われると予想した。

「インフレは賃金が下がるまで起きない。賃金は失業率が上昇するまで下がらないものだ」と話した

Be[In]Cryptoの最新のビットコイン(BTC)分析については、こちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー