詳細を見る

ビットコイン、主要なテクニカル指標を突破するも「過剰購入」の可能性

4 mins
記事 Martin Young

ヘッドライン

  • ビットコインは過去3日間、整理統合減少が続いている。
  • 日足RSIは90前後で、プルバックを示唆している。
  • アナリストはもう一段上への上昇を確信している模様。
  • promo

ビットコイン価格は過去1週間ほどで急騰しているが、同資産は「買われ過ぎ」の領域に入った可能性もある。

ビットコインは過去1週間で22%という驚異的な上昇を記録した。この動きは、水曜日のアジア取引セッション中に2023年の最高値となる2万1,356ドルまで価格を押し上げた。

さらに、暗号資産のラリーは、BTCを多くの重要なテクニカル指標より上に押し上げた。これは、弱気市場の底が形成され、新たな上昇トレンドの展開を示唆している可能性がある。

Glassnodeによると、200日単純移動平均(SMA)は、しばしば「マクロ市場トレンドのリトマス試験」として使用されている。

同分析プロバイダーは、今週の上昇によって、BTC価格がこの重要なレベルを再度上回り、過去のサイクルの動きを反映していると報告した。

「ビットコイン市場はしばしば奇妙にも一貫した循環的行動を表現する。このサイクルは200日SMAを381日間下回り、これは386日間となった2018〜19年の弱気市場をわずか5日下回ったこととなる」

ビットコイン、RSIの高値を更新

もう1つの重要なテクニカル指標は、実現価格(RP)だ。Woo Chartsによると、現在1万9,753ドルであるこのレベルをBitcoinは吹き抜けた。

実現価格は、最後に取引された時点での価格を基に算出されるすべてのコインの価値となる。さらに、市場全体がBTCに支払った金額の推定値とも考えることができる指標だ。

しかし、資産価格にはまだ長期的な200週移動平均線に到達する道が残されている。このマクロトレンド指標は現在2万4,566ドルとなっている。

短期的な見通しは強気だが、別の指標では買われ過ぎのシグナルが点滅している。ビットコイン日足相対力指数(RSI)は現在90をわずかに下回っており、これは高値である。RSIがこのレベルに達した場合、通常はリトレースが発生する。

市場センチメントの見通しから、ビットコインはFear and Greed Index(恐れと貪欲の指数)から中立領域に戻った。BTCがセンチメント指数で50を超えたのは2022年4月以来のこと。

BTC価格の見通し

BTCは本稿執筆時点で、3日間のコンソリデーション(統合)の後、2万1,275ドルで取引されていた。この24時間、ほとんど動きはなかったが、アナリストはもう一段上の上昇には楽観的なようだ。

BTC/USD 1カ月 – BeInCrypto

次の抵抗線水準は、2022年8月の最後に訪れた2万4,000ドル付近。しかし、下降に転じた場合は、1万8,000ドルの価格帯が支持線となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー