詳細を見る

ビットコイン市場に変化 ー 投資家は待機か勝負か

5 mins
記事 Ali M.

ヘッドライン

  • MVRVレシオは現在 1.16 で、次の抵抗線は1.19から1.34となる。
  • NUPLは直近の含み益の増加を反映しており、現在0.14で、FTXの破綻前より高くなっている。
  • Puell倍数は現在0.99で、顕著なレジスタンスに直面しており、0.5以下が理想的な買い場となる。
  • promo

ビットコインが進化、成長し続ける中、トレーダーや投資家は常に懸命な投資判断を下すための方法を模索している。彼らが使用する貴重なツールの1つがオンチェーン指標で、市場のパフォーマンスと潜在的な購入機会に関する貴重なインサイトを提供している。

これらの指標のうち、MVRV、NUPL、Puell倍数については、最大利益を得るための理想的な買い付け範囲から外れている。

ビットコインがテクニカルな抵抗線に到達

MVRVは暗号資産市場のオンチェーン指標で、資産の時価総額と市場全体の簿価との関係を表す。時価総額を市場全体の簿価で割って算出され、市場の現状を評価し、投資判断を行うために使用される。1を下回ると買い時、1を上回ると割高とされる。

MVRVレシオは現在、1以下の買いゾーンから抜け出し、1.16に位置している。この指標は現在、厳しいレジスタンスに直面しているため、1.19レベルのブレイクに注意することが重要となる。このハードルを乗り越えれば、歴史的に破られにくい壁であることが証明されている1.34に向けた上昇のきっかけとなる可能性がある。

出典: CryptoQuant

NUPLは、特定トークンの保有者間の利益と損失の配分を追跡するために使用される暗号通貨のメトリック。これは、ユーザーが保有するトークンの、取得時の価格に対する現在の価値を測定するもの。NUPL指標は暗号通貨の投資家やトレーダーの全体的なセンチメントを洞察することができ、投資判断を下すのに有効なツールとされている。

NUPLはここのところ上昇傾向で、現在0.14とFTXの経営破綻以前よりも高くなり、劇的な値上がりを見せている。それでも、2022年5月9日以前に購入した投資家は、まだ利益が出ておらず、0レベルを下回る下降局面で、理想的な買い場となり、収支が合うと売りに転じる可能性がある。

出典: CryptoQuant

Puell倍数は、暗号通貨市場における投資の収益率を測定するために使用される指標で、1日のマイニング収益の合計を1日のマイニングコストの合計で割ることによって計算される。0.5以下のPuell倍数は、最大の利益を得るための理想的な買い場と考えられており、1を超えるPuell倍数は、市場のバブルを示す可能性があるため、警告のサインとみなされる。

Puell倍数も注目すべき重要な指標であり、現在0.99で大きな抵抗に直面ししている。この指標の理想的な買い場は、0.5以下であり、そのレンジの頂点は1.08となる。

出典: CryptoQuant

待つべきか、買うべきか

これら3つのオンチェーン指標は現在、最大利益を得るための理想的な購入範囲からは外れており、指標が理想的な買い場に戻るのを待つか、リスクを取って積極的な利益戦略で次のブレイクアウトで購入するか、トレーダーと投資家は決断を迫られている。

これらの指標とその動きを理解することは、非常に不安定で予測不可能な暗号通貨市場において、十分な情報に基づいて投資判断を下すために欠かせないものと言えるだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー