詳細を見る

CEXのスポットとデリバティブ出来高が急増

4 mins
記事 Martin Young

ヘッドライン

  • 暗号資産CEXのスポット取引量が1月に58%増加
  • デリバティブ増加率はさらに上昇
  • 暗号資産市場はやや後退、続く調整局面
  • promo

中央集権型暗号取引所(CEX)の取引量は、年初から急増している。CEXは、資金の入出金の増加からわずか2カ月後に復活してきている。

今回の調査結果は、業界アナリストのWu Blockchain氏によって2月13日に報告された。新データは、CEXの1月の活動を分析したもの。

同レポートによると、主要取引所のスポット取引は1月に前月比57.8%増加した。Upbit、BitMart、KuCoinは取引量の増加が最大となり、前者2つは2倍以上を記録した。 

先月、世界最大のCEX、バイナンスのスポット取引量は61.3%増加した。さらに、コインベースの取引量も51.2%上昇した。

Wu氏は、また主要なCEXのウェブサイトのトラフィックが1月には前月から4.5%増加したことを指摘している。

回復傾向にあるCEX

昨年11月のFTXの崩壊後、CEXから暗号資産が流出した。投資家たちが動揺し、デジタル資産にはセルフカストディがより安全な選択肢であると判断したためである。

結果的に、昨年11月と12月に数十億ドルの暗号資産がCEXから流出することとなった。

他方、スポット取引量の増加に加えて、今年1月には暗号資産デリバティブ取引も増加している。デリバティブは、原資産をベースにした先物、オプション、スワップなどの契約だ。

Wu氏は、主要CEXのデリバティブ取引は1月に前月比47.6%増となったと報告している。増加率上位3位はPhemex190%、Bybit98%、Gate85%。報告書は、バイナンスの先物取引が1月に12月の水準から60.5%増加したことも指摘している。

ただし、こうした取引量のうち、どの程度がボット(bot)活動によるものかは不明であると同氏は注意を促している。

2月13日、オンチェーン分析プラットフォーム、グラスノード(Glassnode)は、CEXの流出が再び流入を上回ったと報告している。

暗号資産市場の展望

暗号資産市場は週末にかけて続落した。さらに、総時価総額は報道時点で1兆600億ドルと小幅に減少した。

市場は過去3週間ほど、堅調に推移してきた。しかし、やや高い水準にある強い抵抗線が、より大きな反落が迫っている可能性を示唆している。

さらに、SECによる暗号資産ステーキングに対する取り締まりが、センチメントを揺るがしているようだ。

ビットコイン(BTC)は、本記事執筆時点では21,849ドルで、この日横ばいで取引されている。一方、コインゲッコー(CoinGecko)によると、イーサリアム(ETH)は1%下落し、1,519ドルまで下落したとのことである。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー