詳細を見る

暗号資産業界、初の単独法案の採決を待つ

5 mins

ヘッドライン

  • 下院は7月9日から10日にかけてSAB121法案の採決を行う。
  • SAB121は暗号資産保有企業にSECへの報告を義務付け、カストディ業務に影響を与える。
  • バイデンによるSAB121の拒否権を覆すには、議会の3分の2以上の賛成が必要である。
  • promo

スティーブ・スカリス下院院内総務が発表した週間スケジュールによれば下院議員は10日、バイデン米大統領のStaff Accounting Bulletin(SAB)121法案を採決する。

両院を通過した初の単独暗号資産法案をめぐるこのキャンペーンで、暗号資産業界は米国で脚光を浴びている。

米議会、暗号資産法案の採決を準備中

週間スケジュールによると、米国下院は火曜日から水曜日の間にSAB121法案の採決を準備する。この規則案は、暗号通貨を保有し、米国証券取引委員会(SEC)に報告する事業体に対し、保有する暗号通貨を貸借対照表に記載することを義務付けるものである。

米証券取引委員会(SEC)によると、SAB121法案は「拘束力のないスタッフ・ガイダンス」であり、顧客の情報開示を改善する可能性があるという。この法案が下院に提出されると、暗号資産支持者は法案が可決された場合の影響を懸念している。

暗号資産保管会社は顧客の暗号資産保有を負債として報告することが予想されるため、批評家たちは、銀行が暗号サービスを提供することを抑止し、イノベーションを阻害する可能性があると懸念している。

「SAB121の維持に投票することは、投資家のリスクを増大させることになる」と、経済的自由を主張するデイブ・ワイズバーガー氏は言う

ワイズバーガー氏は、Fox Businessのエレノア・テレット記者を支持し、銀行やその他の「制度的に可能なプロバイダー」がカストディアンであることを阻害することに異議を唱えている。同氏の意見では、デジタル資産の保管を提供する機関が限られていることは危険である。SAB121に拒否権を発動することは、このリスクを高めることになると彼女は言う。

バイデン政権は5月にこの法律の廃止を決議したにもかかわらず、拒否権を発動した。下院(228-182)と上院(60-38)から超党派の支持を得たにもかかわらず、である。

関連記事:規制は暗号資産マーケティングにどう影響するか?完全ガイド

バイデンの SAB121拒否権 直接的な攻撃か

現状では、ほとんどの民主党議員は2023年に2100万人以上のアメリカ市民が暗号資産を所有しているという事実を受け入れている。これは選挙イヤーにおける重要な票田であり、次の選挙では政治的な要請として反対票を投じる可能性がある。

普及が進む中、暗号通貨コミュニティは今やアメリカ成人の約40%を占めている。このグループがバイデン大統領によるSAB121の拒否権を直接的な侮辱とみなせば、11月の選挙での投票決定に影響を与える可能性がある。

バイデン大統領の拒否権を覆すには、議会の両院で3分の2以上の賛成が必要だ。ベンチャーキャピタル会社パラダイム社のアレクサンダー・グリーヴ政府担当責任者によれば、これは容易なことではない。

「下院が拒否権を覆すために⅔の票を集めることができるかどうか見てみよう(登るのは険しいが、FITの投票が超党派であったことを考えれば不可能ではない)」とグリーヴ氏は指摘する。

とはいえ、法案が可決される可能性を排除するのは時期尚早だ。下院がバイデンの拒否権を覆すには、少なくとも290人の議員が賛成する必要がある。これは、最初に賛成票を投じた228人より62票ほど多いことを意味する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー