詳細を見る

暗号懐疑論者のピーター・シフ氏とヌリエル・ルビーニ氏は迫りくる「すべての債務爆弾の母」として「金」に賭けるか

7 mins
記事 David Thomas

ヘッドライン

  • トルコの経済学者ヌリエル・ルービニ氏は、中央銀行の利上げがさらに進むと、インフレが冷え込み、経済が減速すると語っている。
  • 金の専門家であるピーター・シフ氏は、利上げは消費者の行動を変えず、アメリカ人の貯蓄は2008年の世界金融危機の直前に見られた水準にとどまっているという。
  • ルービニ氏とシフ氏の両氏は、2023年にはビットコインではなく金が安定した価値の貯蔵手段になると述べている。
  • promo

トルコ系アメリカ人エコノミストのヌリエル・ルービニ氏とビットコイン評論家ピーター・シフ氏は、2023年には世界的な債務水準の高さから、中央銀行は窮地に追い込まれ、ドル安によって金が成長すると考えている。

ルービニ氏は、2023年には株価上昇と債券利回りの低下を伴う浅い景気後退が起こると予測するコンセンサスとは対照的に、景気減速とともにインフレが持続すると予測している。

高水準の世界的債務に陥る中央銀行

ルービニ氏によれば、コロナ禍による停滞の反動から来る景気減速、ウクライナ・ロシア戦争による石油・天然ガス価格への影響、中国のゼロコロナ政策などが、インフレ上昇の原因になっており、これら3つの要因が需要が増加しても供給を弱めたという。

同氏は最近のKITCO NEWSのインタビューにおいて、「これらの状況が重なると、生産コストが上昇し、経済活動が縮小する。これが不況というものだ」と主張した。

中央銀行はインフレ抑制に努めているが、ルービニ氏の主張では、世界の債務量を減らさない限り金利の上昇が経済危機を引き起こすという。

「つまり、金融と信用の政策を引き締めるによって景気後退を悪化させている一方で、民間部門と公共部門の債務返済率を高めて金利を上げている」と彼は警告した。

金マニアであり、ビットコイン評論家のピーター・シフ氏も同様の意見だ。

シフ氏はエポック・タイムズ紙の最近のインタビューで、「最終的に、金利だけにお金を使うことになる」と語った。 また、「金利の上昇は、消費者が貯蓄を増やして支出を減らす方向に向かわせるのに何の役にも立たなかった」と指摘した。

不動産コンサルタントのニック・ジェルリ氏は、アメリカ人の貯蓄率は、2008年の金融危機直前の2006〜2007年以来の最低水準にまで落ち込んでいると認識しているという。

ウォール街の投資銀行ゴールドマン・サックスは、2022年第4四半期の投資銀行業務による利益が前年同期比で153億ドル減少したため、2023年1月11日に人員削減を行うと匿名の情報筋がロイター通信に語った。アナリストは2022年1月13日、JP モルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ウェルズ・ファーゴが2022年第4四半期から1.7%の減益を報告すると予想した。

さらにアナリストは、2023年の債務不履行に備え、このビッグ4が57億ドルを貯め込むと予想している。

2023年はドル安に伴い金が上昇か

シフ氏とルービニ氏は、暗い2023年の見通しの中で、金が明るい兆しを見せるという点で意見が一致している。

ルービニ氏によると、2022年に金が振るわなかったのは、ドルが強かったからだ。ドル安が進む中、今後10年間で金は1桁台後半から2桁台前半の上昇率になると予測している。

シフ氏も同意見で、「2023年は最もドル安の年になる可能性がある」と述べた。また、最近の高いインフレ時に金の代わりにビットコインに投資した人は、「2023年に大損する」と予想した。彼は、ビットコインは「価値がない」にもかかわらず、価格があり、人々はもうすぐにこの現実の「真実を知る」だろうと語っている。

インフレヘッジとしてのビットコインのメリットを主張する人は多いが、シフ氏によれば、ほとんどのビットコイン愛好家は富の保全よりも暗号通貨の価値が劇的に上昇することを期待しており、これはヘッジのメリットを測る正確な尺度ではないという。彼は金が今年最初の4取引日で11%上昇していることを指摘した。

金には否定的だが、ブラック・スワンの著者ニコラス・ナシム・タレブ氏は、低金利がビットコインのような資産バブルを促進すると主張し、これを “悪性腫瘍 “と呼んでいる。タレブ氏はかつて、2008年の金融危機に対するバーナンキFRB議長の「一過性」の対応に反対し、ビットコインを好んでいた。

悲観的な状況にもかかわらず、2020年にソフトウェア会社の余剰資金をビットコインに投資し、当時の連邦準備制度の金融緩和政策から株主を保護したマイクロ・ストラテジー執行会長はこのほど、ビットコインへの信頼を改めて表明した。

投機的利益のために資産に投資する人たちに対し、セイラー氏は最近、Twitter Spaceで「ビットコインを人類にとって良いものだと考える人たちは、100年までの長期的な投資を行うだろう」と異議を唱えた。

Be[In]Cryptoの最新のビットコイン(BTC)分析についてはこちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー