詳細を見る

米インフレ報告を前に投資家が7万ビットコイン(BTC)を購入

5 mins

ヘッドライン

  • 売却後、長期保有者が70,000BTCを購入。
  • 米国のインフレ懸念に対するヘッジとしてビットコインが注目されている。
  • グラスノードのデータはビットコインの蓄積傾向を示している。
  • promo

米国のインフレ報告を控え、ある投資家が7万ビットコイン(BTC)を購入し、潜在的な経済変動に対するヘッジとして暗号通貨への戦略的な軸足を示している。

この大口投資は、2023年の終値で100万BTCが大幅に売られたことに続くもので、BTCの価値に対する長期保有者の新たな自信を強調している。

CPI報告を前に投資家が7万BTCの買いに戻る

インフレと法定通貨の価値低下に関する最近の懸念は、代替的な価値貯蔵に対する新たな関心を呼び起こした。

実際、Glassnodeからのオンチェーンデータは、投資家が戦略的にビットコインを蓄積していることを明らかにしている。彼らの行動は、特に60,000ドル以上で安定しているBTCの永続的な価値を信じていることを示唆している。

ビットコインホルダー・ネットポジション
ビットコインホルダーネットポジション|出典:グラスノード

米国の消費者物価指数(CPI)は3月に0.4%上昇し、過去1年間で3.5%に達した。この数値は依然として歴史的に高く、インフレ率がわずか0.8%であった10年前と比較して、1ドルの価値を大きく変化させている。

米連邦準備制度理事会(FRB)が今年中に利下げを実施する可能性は依然として低いため、5月15日に予定されている米インフレ報告も投資家をハラハラさせている。このため、CoinmeのCEOであるNeil Bergquist氏は、ビットコインの価値貯蔵としての魅力を強調している。

同氏は、銀行が保有するドルとは異なり、ビットコインの供給上限は2100万BTCであり、インフレに強い代替手段であると指摘する。

「2100万ビットコインを超えることはない。法定通貨とは異なり、ビットコインの供給量は決まっており、誰もそれを変更することはできない。誰も新しい政策を打ち出すことはできないし、新しいアイデアで選挙に当選してそれを変えることもできない。それはビットコインのブロックチェーンにハードコードされています」とバーグキストは説明した。

関連記事:ビットコイン価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

消費者物価指数|出典:米国労働統計局

コアインフレは、より変動しやすい食費やガス代を除いたもので、住居費や保険・医療などの基幹サービスのコスト増により、高水準が続くとみられる。バンク・オブ・アメリカによると、ガソリン価格の上昇に伴うエネルギー価格の上昇が、”相対的に堅調なヘッドラインCPI “に寄与すると予想されている。

その結果、ビットコインは分散型資源としての地位を確立し、伝統的な金融システムに対するヘッジとしての地位を強固なものにするかもしれない。

「インフレが上昇する期間中、銀行口座にドルを保有している場合、その残高はビットコインに価値を蓄えている場合よりも購買力が低下する」とバーグキスト氏は結論づけた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー