詳細を見る

柴犬コイン(SHIB)の強気ブレイクアウトが色あせるリスク

4 mins

ヘッドライン

  • 柴犬の価格は2ヶ月半前の下降トレンドラインを突破したが、弱気材料に直面している。
  • ミームコインの流行は急速に衰え、取引量は2月の最低水準にまで落ち込んでいる。
  • 同資産の採用率も8ヶ月ぶりの低水準で、潜在的投資家の関心の低さを示唆している。
  • promo

柴犬コイン(SHIB)の価格は20日、下降トレンドから脱したが、印象的なパフォーマンスを示していない。

投資家のサポート不足は懸念材料であり、ミームコインが上昇を失う可能性がある。

Shiba Inuの投資家は依然として懐疑的

Shiba Inuの値動きは投資家を失望させ、その結果SHIB保有者はネットワークへの参加から遠ざかっている。これは取引量を見ても明らかだ。

1日の平均取引量は4月の1億6900万ドルから5月には3800万ドルに減少した。これは77%の減少であり、これはdogwifhat (WIF)やPepe (PEPE)といったトークンの急増をもたらしたミームコインブームの減退によるところが大きい。

柴犬の取引量。
柴犬の取引量|出典:IntoTheBlock

さらに、投資家に見られる楽観主義の欠如は、まだネットワークに参加していない投資家にも及んでいる。これは、現在8カ月ぶりの低水準にある採用率に表れている。

採用率は、ネットワーク上で新しいアドレスが形成される割合を測定する。これによって、そのプロジェクトが市場で支持を失っているのか、それとも獲得しつつあるのかを評価することができる。SHIBの場合、この採用率は29%で、アクティブなアドレスの29%のみが新規投資家であることを示唆している。

関連記事:【2024年版】柴犬コイン(SHIB)ウォレット12選

Shiba Inu採用率。
柴犬の採用率:IntoTheBlock

これは最悪ではないが、過去に柴犬が新規投資家のより良い参加を見たことを考えると、最高でもない。

SHIB価格予測:下落の可能性

Shiba Inuの価格は、2ヶ月半続いた下落トレンドから抜け出し、0.00002393ドルで推移している。このミームコインは現在、0.00002584ドルと0.00002267ドルの間で統合されている。

しかし、上記の要因を考慮すると、0.00002267ドルを下回る可能性が高い。この場合、SHIBは0.00002093ドルかそれ以下まで 下落し、2月末から3月上旬にかけての上昇で記録した利益の半分を帳消しにする可能性がある。

一目均衡表もローソク足の上にあり、弱気を示していることから、この結果を支持している。一目均衡表は、支持線と抵抗線を定義し、トレンドの方向性を見極め、モメンタムを測定し、売買シグナルを提供する総合的な指標である。

関連記事:柴犬(SHIB)価格予測 2024/2025/2030

Shiba Inu価格分析。
柴犬の価格分析。出典トレーディングビュー

したがって、柴犬の価格は下落する可能性が高い。

一方、ミームコインがブレイクアウトを維持できれば、0.00002584ドルのレジスタンスを突破する可能性がある。この場合、SHIBは0.00002835ドルに向かって押し上げられ、サポートに反転すれば弱気テーゼは無効となり、ミームコインはさらに上昇する。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー