詳細を見る

スマートコントラクトとは?特徴や活用事例をわかりやすく解説

12 mins

ヘッドライン

  • スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行される自動化された契約
  • プログラムによって自動化されている、改ざんや偽造が不可能という特徴があり、複数の分野での活用が期待されている
  • Web3の根幹技術の1つであるため、今後はますます社会実装が進んでいく可能性が高い

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行される自動化された契約のことで、信頼性の高い取引を可能にしている技術です。スマートコントラクトは、金融、保険、不動産などのさまざまな分野で応用されており、今後もさらに発展が期待されます。

そこで本記事では、スマートコントラクトの特徴や実際の活用事例について紹介します。スマートコントラクトに興味がある人、Web3に興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で実行される自動化された契約のことです。スマートコントラクトは、プログラミング言語で記述され、特定の条件が満たされたときに事前に定義されたアクションを実行し、ブロックチェーンの分散性と不変性の特徴を利用して、信頼性の高い取引を可能にしています。

スマートコントラクトは、金融、保険、不動産などのさまざまな分野で応用されており、今後ますます社会に普及していくことが予想されています。

スマートコントラクトの特徴3つ

スマートコントラクトの特徴3つについて解説します。

  • プログラムで自動化された契約
  • 改ざんや偽造が不可能
  • ブロックチェーンに保存され、誰でもアクセスできる

スマートコントラクトの特徴①:プログラムで自動化された契約

スマートコントラクトは、契約条件や取引手続きをプログラムとして事前に記述することで、自動的に実行される仕組みです。例えば、特定の条件が満たされると支払いが行われるようプログラムされた場合、関係者が手動で介入する必要がなくなります。

契約履行が確実に行われ、取引の信頼性と透明性が向上するため、金融や不動産、あらゆる社会の仕組みに導入されていくことが予想されています。

スマートコントラクトの特徴②:改ざんや偽造が不可能

スマートコントラクトの契約は、ブロックチェーン上に全て記録されるため、一度取引が成立するとそのデータを改ざんすることが不可能となっています。ブロックチェーンは分散型の台帳であり、変更が行われるとそれがネットワーク全体に共有されるため、信頼性が高まります。

これにより、契約内容や取引履歴が透明かつ改ざん不能な状態で保たれます。

スマートコントラクトの特徴③:ブロックチェーンに保存され、誰でもアクセスできる

ブロックチェーン上に保存され、参加者全員がその内容にアクセスできる点も、スマートコントラクトの大きな特徴です。取引や契約に関する情報が透明に公開され、関係者が不正行為や誤解を防ぐことができるため、Web3型の分散されたオープンなシステムの社会実装が期待されています。

スマートコントラクトの活用事例

スマートコントラクトの活用事例を紹介します。

  • DEX(分散型取引所)
  • Cryptokitties(ゲーム)
  • REX(不動産取引サービス)

スマートコントラクトの活用事例①:DEX(分散型取引所)

DEX(分散型取引所)は、中央集権的な取引所とは異なり、スマートコントラクトを利用して運営され、ユーザーが暗号通貨の取引を安全かつ透明に行えるプラットフォームです。

スマートコントラクトを通じてトークンの所有権の移転や取引手続きが自動的に処理されるため、第三者の介入や信頼性に関する問題が軽減されるメリットが上手れます。

スマートコントラクトの活用事例②:Cryptokitties(ゲーム)

Cryptokittiesは、スマートコントラクトによる課金処理を実装したゲームです。Cryptokittiesと呼ばれるキャラクターを繁殖したり収集したりする仕組みになっており、サービス内にあるマーケットプレイスで、個人売買も行うことができます。

マーケットプレイス内の活動に、スマートコントラクトによる売買契約処理が行われており、2017年に登場して以来、NFT(非代替性トークン)の先駆けとなりました。

スマートコントラクトの活用事例③:REX(不動産取引サービス)

REXは、イーサリアムブロックチェーンとスマートコントラクトを利用した不動産取引サービスです。ブロックチェーン技術を利用して、不動産取引の手数料、時間、信頼性を担保しており、加えて、スマートコントラクト技術を利用して、契約内容もデータ化しています。REXは、不動産の所有者や賃借人、仲介者などが直接やり取りできるプラットフォームで、中間業者を排除することでコストやリスクを削減でき、注目を集めているサービスです。

スマートコントラクトの将来性

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行される自動化された契約であり、その信頼性の高さと取引の透明性から、多くの分野での利用が期待されています。スマートコントラクトの将来性については、今後ますます重要性が高まっていくことが予想されます。

特に、金融分野での利用が拡大することが期待されており、暗号通貨の普及に伴う需要の増加が予想されます。また、不動産取引や保険などの分野でも、スマートコントラクトが活用できることから、今後ますます利用が広がっていくことが期待されています。

ただし、スマートコントラクトはまだ新しい技術であり、そのセキュリティについての課題も存在していますが、Web3の根幹技術の1つであるため、今後はますます社会実装が進んでいく可能性が高いといえます。

スマートコントラクトに関するよくある質問

Q1:スマートコントラクトはどのように修正や削除ができるのですか?

Q2:スマートコントラクトはどのように作成されるのですか?

Q3:スマートコントラクトはどのように検証されるのですか?

まとめ:スマートコントラクトは、Web3の根幹的技術になる

本記事では、スマートコントラクトの特徴や活用事例について解説しました。スマートコントラクトは、ブロックチェーン上で実行される自動化された契約で、信頼性の高い取引を可能にしました。金融、保険、不動産などのさまざまな分野で応用されており、今後もさらなる発展が期待されます。スマートコントラクトの仕組みを理解したい人は、ぜひ実際にDeFiなどで運用しつつ、学習してみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー