詳細を見る

Last update: November 13, 2023

情報の正確性を保証する方法について

当社は、記事が事実に基づいており、正確な情報源であることを確認するために、多方面からのアプローチを行っています。

1. 専門家チーム

当社の編集チームは、ブロックチェーン分野で豊富な経験と知識を持つベテランライター、編集者、有資格のジャーナリストで構成されています。

ビットコインを主導するマーケティング会社のCEO、クリプト関連文学の作家、DApp開発者、元シニアバンカーやトレーダー、AI/機械学習のスペシャリストなどがチームの一員です。

各メンバーは、よく調査された、偏りのない、インサイトに満ちたコンテンツを提供することに専念しています。

当社のチームの学歴は、ロンドン市立大学、キングス・カレッジ・ロンドン、ニューズ・アソシエイツの学位をもつ者が含まれます。

2. 包括的なリサーチ

当社の記事はすべて、一次調査と二次調査の組み合わせに基づいています。

インタビューを行い、業界会議に出席し、暗号資産コミュニティに参加し生きた情報を収集しています。その他の情報源としては、ホワイトペーパー、政府報告書、検証済みのソーシャルメディアアカウント、英国および米国のCompanies HouseおよびSECオンラインデータベースなどがあります。

Googleトレンド、Googleアナリティクス、Googleパブリックデータエクスプローラーを使用して、データジャーナリズムと独自のトレンドレポートを行っています。Import.ioやWebscraperなどのツールを利用してデータを収集しています。
これらの一次情報は、信頼できる二次情報源と、金融サービスに特化した主要な情報源(Investopedia、Financial Times、Forbes、Economist、Fortune Magazine)によって裏付けられています。

当社は、信頼できる分析プラットフォームを使用して、すべての統計と数値を確認しています。コインの価格、市場の動き、クジラの活動、主要な日付などはすべてCoinGeckoを使用して検証されています。当社は、ChainalysisやBlockchainなどのブロックチェーンエクスプローラーウェブサイトを使用して、オンチェーン情報とトランザクションを検証しています。さらに検証や調査が必要な場合は、当社のファクトチェックチームもこれらのツールを使用しています。

3. 透明性のある引用

すべての情報源は明確に引用され、記事内にリンクされています。私たちは、読者がどのようなトピックについても、より深く掘り下げることができる手段を提供し、読者自身が情報を検証することを奨励しています。

当社は、世界各地で開催される主要なWeb3イベントに常に参加することで、当社の報道を支え、充実させるための見識、専門家、引用を確実に得ています。当社が参加するイベントは以下の通りです:

  • ・Binance Week
  • ・Blockchain Life
  • ・Staking Summit
  • ・Next Block Expo
  • ・VS Crypto

当社の専門家はまた、定期的にイベントのパネルを主催し、司会を務めています。2023年には、これらに限定されるものではありませんが、主に以下のようなものがありました:

  • ・XFounders: ICP、Mastercard、TRON、dYdX、Polygonが支援するWeb3スタートアップのためのブートキャンプ
  • ・DeGameFi: Simplicityグループ、b-cube.ai、Age of Marsとのパネル
  • ・Blockchain Life: Swissborg、Google、Vodafone、EMURGOとのパネルディスカッション
  • ・Binance Blockchain Week: Binance Labs、BNB Chain、Kinza Finance、KiloEx、LiFiとのパネル。 
  • ・Synopsis: KuCoin、Bitget、TRONとのパネルディスカッション
  • ・DevConnect 

dYdX財団のCEOであるCharles d’Haussy氏、KuCoinのマネージング・ディレクターであるAlicia Kao氏、Trust WalletのCEOであるEowyn Chen氏、そしてAnimoca Brands、Gitcoin、RAK DAOのシニア・リーダーなど、世界的なイベントでインタビューした著名人が含まれます。

4. 査読

当社のコンテンツは、正確性、妥当性、明瞭性を確保するため、発行前に編集チームによる厳格な査読プロセスを経ています。当社の編集者は、分散型エコシステムに関する深い知識を持ち、メディア法の知識を持つ訓練を受けたジャーナリストたちです。

査読プロセスは以下の通りです:

  • 編集長が主要な情報源を示しながら、詳細な概要を作成
  • ライターが草稿を完成させ、編集者に提出
  • 編集長が草稿にコメントし、変更を要求し、事実確認を行います
  • ライターが概要を受け取り、必要な修正を加えます
  • 内容に応じて、検証チームまたは法律顧問に提出し、再度チェックと承認を受けます
  • このプロセスが完了したら、編集長が記事を読み、承認します。その後、掲載されます

5. 定期的な更新

暗号通貨セクターは急速なペースで進化しています。私たちは常に市場を監視し、最新の動向を反映するために記事を更新しています。これにより、当社のコンテンツが最新であり続け、関連性と正確性を維持することができます。

特に、規制の変更(例えば、SECとリップルの裁判の後)、市場の暴落、スキャンダル、企業の倒産(FTXの伝染病など)には細心の注意を払い、更新を開始します。

6. テクニカル分析

当社の価格予測は、社会的感情、トークンのファンダメンタルズ、オンチェーンメトリクスなどによって強化された広範なテクニカル分析を使用して構築されています。当社の社内アナリストは全員、金融市場と暗号資産/Web3エコシステムについて深い造詣と理解を持っています。

これは、チャートパターンを明確に識別し、読者に意味を説明するIOTA分析の一例です。

社内のシニアアナリスト以外にも、当社のBeInCrypto価格予測ツールは、自動化されており、その優位性を発揮します。2023年に発表されたこのツールは、取引所、独立した情報源、トレーダー、アナリストのネットワークから情報を収集します。そして、このデータを既存の市場動向と相関させ、与えられた時間枠内で各暗号通貨の取引可能な閾値を予測します。

このアルゴリズムは、主要な暗号資産取引所の5000を超える暗号通貨データを分析し、価格の範囲として表示される価格予測を生成します。さらに、200以上のTA指標を考慮し、現実的な予測を行います。

当社のアナリストは、主要なコインやトークンの更なる分析を行うための1つの指標としてこのツールを使用しています。

当社では詐欺コインや “パンプ・アンド・ダンプ “と疑われるものについては価格を予測しません。時価総額、取引量、創業者/プロジェクトの背景に基づいてコインを選択しています。

7. 詐欺の監視とコンテンツ監査

当社のコンプライアンス専門チームは、合法的なプロジェクトのみを宣伝することを保証します。市場の動きを注意深く観察し、編集チームに詐欺の可能性があるトークンや製品について警告します。また、そのようなプロジェクトを宣伝または推奨していないことを確認するため、継続的にコンテンツを監査しています。

規則性という点では、コンプライアンス・チームが毎週と無作為の両方でコンテンツ・チェックを実施し、懸念のあるコピーや情報は、さらなる調査や検証のために当社のファクト・チェック・チームにフラグを立てています。
当社の、業界をリードするBeVerifiedツールは信頼できる人物、起業家、企業、製品をWeb3にリストアップします。この包括的なディレクトリは、ブロックチェーン業界をリードする信頼できる団体とユーザーをつなぐために細心の注意を払ってキュレーションされています。

8. コンプライアンスと法的審査

私たちは、コンテンツが法的基準を遵守し、ジャーナリズムの倫理的ガイドラインに沿ったものであることを保証します。私たちのチームの多くはメディア法の訓練を受けており、必要に応じて顧問弁護士を紹介しています。

9. 検証者とファクトチェッカー・チーム

当社は、ニュース、オピニオン、および当社の教育コンテンツ「Learn(アカデミー)」記事のファクト・チェックを行うために、多言語でグローバルに活動するチームを単独で雇用しています。

この作業は記者の説明責任を促し、情報源にも伝達されます。

すべての引用は、事実に基づいて正確にチェックされます。収集した情報を即座に確認できない場合は、記者がファクトチェック・チームに直接連絡します。

ファクトチェックのプロセスは以下の通りです:

1. 当社ライターはニュース記事のブリーフィングまたは簡易プレゼンを行います。これらはシニアエディターによって受理または却下されます

2. 記事は専門ライター/ジャーナリストによって執筆されます

3. 記事はファクトチェック・チームに送られ、重要な情報はハイライトされます。

4. 当社の検証担当者が署名し、または問題点が指摘されます。

5. 引用元や数字を確認できない場合は、情報源に戻り調査します。

6. このプロセスは、情報を削除するか、検証済みの情報を公表するまで継続します

記事内容の裏付けや検証ができない場合、当社はその記事をレポートに掲載しません。また、太字などで注意書きを明記し、事実や図表を独自に検証できなかったことを明記します。

すべてのファクトチェッカーとジャーナリストは、常に中立的な報道を行うため、暗号資産や幅広い株式市場への投資を開示することが契約上義務付けられています。

10. 製品とプラットフォームの検証

当社のテストとレビューの枠組みは以下のとおりです。

レビューを執筆し、プラットフォームを推奨する際、情報は当社のテストチームから直接ライターに伝わります。

当社の専門家は、プラットフォームや製品の各機能を入念にテストし、広範な基準に照らして採点します。

これらの基準には、使いやすさ、料金/費用、安全・セキュリティ対策、カスタマーサービス対応などが含まれます。当社のライターと製品テスターが連携して、当社の経験に基づく総合的で詳細なガイドを構築しています。

例えば、Binanceのレビューは、プラットフォームの規模と幅の広さから、6ヶ月に渡って実施されました。チームはスポット、OTC、信用取引に参加しました。p2p取引のインターフェイスを広範囲にテストし、プラットフォームに関連するすべての取引ボットを使用し、取引のパフォーマンスと容易さへの影響を記録しました。

また、商品やプラットフォームの規制上の地位にも細心の注意を払い、完全に準拠したサービスを優先して推奨しています。

すべての取引所または製品は、最低3ヶ月間テストされます。ブローカーや取引所を検討する際、当社のチームはすべての機能やサービスを広範囲に使用し、暗号ペアを取引し、流動性やスリッページに注意します。

クラウドマイニングサービスについては、意見を形成し公表する前に、再度最低3ヶ月間資産のマイニングに従事します。

カスタマーサービスには特に注意を払い、広範囲にわたってテストします。プラットフォームの武器に応じて、複数のチケット(すべてのケースで少なくとも5枚)を発行し、レスポンスの質と時間を追跡します。

このデータは質的にも量的にも記録され、当社の比較分析の基礎となり、競合他社に対する製品やプラットフォームの正確なベンチマークを可能にします。

当社は、ライブチャット、電子メール、および可能な場合は電話を通じて、カスタマーサービスチームと広範囲にコミュニケーションを取りながら、ひとつひとつのカスタマーサービスを確実にテストしています。

当社がテストするシナリオには、手数料に関する簡単な質問や、法定通貨/暗号通貨の引き出しに関する懸念が含まれます。その他の質問はオーダーメイドで、プラットフォームを使用した経験によります。