詳細を見る

暗号資産にまつわる失敗例トップ5

28 mins
記事 Kilian Boshoff

ステーキングとは、暗号資産をロックしてネットワークの安全性を確保しながら報酬を得ることです。この方法は、投資家がパッシブインカム(不労所得・利子・配当など)を得るための一般的な方法です。暗号資産のステーキングは一見、簡単そうに見えますが、投資家がより良い選択をするための方法がたくさんあります。この記事では、暗号資産ステーキングの間違いトップ5を取り上げ、コインをステーキングする際に従うべきベストプラクティスについて紹介します。

暗号資産に関する5つの重要な間違い

従来の金融商品と同様に、ステーキングは通貨リスク、金利、流動性パラメータを含む概念に関連しています。ここでは、暗号資産投資家がステーキングを行う際に犯す一般的な5つの間違いと、同じことをしないようにする方法を紹介します。

1:高利回りに惹かれてしまう

ステーキングしたアセットの利回りを測定するために使用される主要な指標は、年換算利回り(APR)です。ステーキングしたプラットフォームは通常、コインで獲得できるAPRを提示します。一部のステーキング・プラットフォームは、投資家をそのプラットフォームに呼び込むために、非常に高いAPRを提供します。APRはしばしば非現実的な数字であり、高いトークン・インフレに支えられて、利回りを支払っているのです。

  • トークンのインフレ – 資産に対する100%のAPRは魅力的な取引のように見えるかもしれませんが、これは通常、すべて新しく発行されるトークンによるものです(インフレ状態)。問題は、これらの新しいトークンは通常、受益者によって売却されるため、あなたが保有しているコインの価格が下がってしまいます。そのため、年間100%のAPYを得たとしても、売り圧力によってトークンの価格は抑制され、損失が発生する可能性があります。
  • 調整利回りとは – 調整利回りは、ネットワーク供給のインフレ率で調整された年率の報酬率のことです。投資家は実質利回り(インフレ調整後)を見るべきです、これによって、実際にどれだけの収益を得ているのかが分かります。
  • 高利回りは持続しない – 新しく発売されたコインは高いステーキングAPRを持つかもしれません。投資家は、これが時間とともに下がっていくことを知っておく必要があります。新しいネットワークは、トークン保有者にコインのステーキングを奨励する必要があります。投資家がそうすれば、より多くのトークンがステークされ、ステーク比率が上昇するにつれて、ステーキング利回りは低下します。

すべての投資家は、暗号資産を保有する前に、インフレ率、利回りの発生方法、長期的なステーキング利回りを理解する必要があります。

では、ステーキングの歩留まりを分析する正しい方法は何でしょうか?

最も収益性の高い暗号資産を見極める方法:

  1. 現在、どの暗号通貨が最も高いステーキングの利回りを提供しているかを調査してください。Staking Rewardsなどのウェブサイトは、ステーキングの指標に関する貴重な情報を提供します
  2. 同サイトの「Adjusted yield’」欄を見て、どの資産が最高のインフレ調整後リターンを与えてくれるかを判断します
  3. リストの上位10資産から、あなたの投資戦略とリスク許容度に合致するものを選びます。
  4. 選択した資産の「ステーキングの方法」のFAQを見ながら、ステップバイステップで、ステーキングを始めてください。

また、ステーキングは長期的な投資戦略であることを念頭にいれておいてください。複数の暗号通貨とネットワークにステークした資産を分散させることで、リスクを軽減し、リターンを増やすことができます。さらに、市場の状況に常に目を配り、定期的に調査を更新することが得策です。

2: リストの筆頭のバリデーターを選択してしまう

プラットフォームは、暗号資産をステークする前にバリデータを選択するよう、バリデータ(ステイカー)に求めます。投資家は通常、リストの最初のもの、または最も多くの賭け金とユーザーを持つバリデータを選択します。この方法には2つの問題があります。

  • リストの最初のバリデータは、ネットワークの集中化に貢献する基礎的なバリデーター(ネットワークは独自のバリデータもホストする)であっても構いません
  • リストの最上位にあるのはランダムなバリデータで あるかもしれません。これは、ステーキングの報酬を最大化するために選択すべき最適なバリデータとは言えないかもしれません

投資家は、暗号資産をステーキングする前に、バリデータの選択方法とデューデリジェンスを行う必要があります。

3: バリデーターの選び方がわからない

バリデーターの選択は、コインをステーキングする際の最も重要なステップの1つです。ステーキング・プロバイダーを選択する際の課題は2つあります。

  1. どのプロバイダーが将来的に信頼できるかを判断するのは困難
  2. 多くの場合、その会社が業界のベスト・プラクティスに沿っているかどうかを明らかにする必要があります

バリデータの質は、あなたのステーキング報酬に大きな役割を果たすでしょう。また、あなたがリスク削減の決定にも影響します。検証済みプロバイダプログラム(VPP)は、ステーカーがどのバリデータを選ぶべきかを決めるのに役立ちます。VPPは、プロバイダーが一連の基準を満たしていることを確認することによる、ステーキング業界の信頼性と透明性を向上させる取り組みです。これには、リスク管理、長期持続性、セキュリティ対策が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

このプログラムは、厳格な検証プロトコルを導入し、業界のベストプラクティスの準拠を推進することで、デリゲータが膨大な数の利用可能なプロバイダーの中から選択する際に、より多くの情報に基づき、意思決定に太鼓判を押すようにするためのものです。さらに、このプログラムは、業界におけるプラクティスを標準化させるカタリストとして機能し、ステーキング・エコシステム全体の一貫性と公平性をさらに促進します。全体として、VPPは、ステーキング業界の継続的な発展と成熟に不可欠な要素となっています。

オンチェーンでの主な指標

バリデーターを選ぶ際には、実際のバリデータとその背後にいるチームに対するデューデリジェンス(投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどの調査)に加えて、オンチェーンでの主要な指標に注目する必要があります。

  • 低コミッション:手数料は、あなたがステーキング内からバリデータに支払われる割合のことです。「手数料ゼロ%」というようなバリデーター騙されて、後で手数料を変更されたりすることないように注意してください。
  • アクティブセットに含む:アクティブセット内のバリデータはステーキングから収益を得ています
  • Voting Power (VP=投票力値) > 0%:投票率は、ネットワークのガバナンスを決定する際に、バリデータが最も重要な値です。一般に、最も高いVPを持つバリデータを選択することは望ましくありません(ネットワークがより中央集権的になるため
  • デリゲータ数 > 0:ほかのバリデータよりもデリゲータ数が多いバリデータは、より人気があり信頼できます
  • 自己担保> 0%:自己担保(self-bonded)とは、バリデータ自身がステーキングした金額を指すことに留意してください。この数値が高いほど、バリデータは失うものが多く、悪意ある行動を取る可能性が低くなります。

バリデータの選び方がわかれば、ほとんどのPoSアセットと同じプロセスを適用することができます。暗号資産をステーキングする際に、うまい話などないということを念頭に入れておいてください。良いバリデーター選択することで、ステーキングの主要なリスクのほとんどを相殺することができます。

スラッシング・リスク

スラッシングとは、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーン・ネットワークにおいて、バリデータ(および一緒にステークした人)が不品行な行為を行った場合に罰を与えるために使用されるペナルティの仕組みです。これには、二重署名や長時間のオフラインなどの行為が含まれることがあります。

バリデータがスラッシングを行うと、そのステークした暗号通貨の一部がペナルティとして取り上げられます。スラッシングの目的は、バリデータに誠実で信頼できる行動をとるよう動機づけし、ネットワークのセキュリティと安定性を確保することです。これは大きなリスクに聞こえるかもしれませんが、ほとんどのスラッシングは評判の良いバリデータを選ぶことで回避することができます。

4: 最も簡単なステーキング・オプションを選択してしまう

投資家は、最も簡単で労力のかからない投資方法を選択しがちです。この行動は投資家バイアスであり、最適とは言えない意思決定をもたらします。ステーキングの文脈では、投資家はしばしば代替案を検討することなく、また、ノンカストディ型ソリューションの使用方法を学ぼうとすることもなく、集中型ステーキング・ソリューションを選択します。ステーキングを行う人は、十分な情報を得た上で意思決定を行うため、カストディアルとノンカストディアルのステーキングの違いを理解すしておきましょう。

カストディアル・ステーキングとは?

カストディ型ステーキングとは、中央集権型の暗号資産取引所(例:Binance、Kraken、Coinbase)を通じて暗号資産をステーキングすることを意味します。取引所はあなたの資産のカストディアンとなり、ユーザーは秘密鍵の管理を取引所に委ねます。また、ユーザーは資産の管理をカストディアンに委ね、その利用規約に従うことになります。

ノンカストディアル・ステーキングとは?

ノンカストディアル・ステーキングは、あなたが秘密鍵を自分自身で管理することを意味します。これは、自分が暗号資産を管理し、資産を保管することを意味します。MetaMaskのようなウェブウォレットやLedgerのようなハードウェアウォレットは、通常、ノンカストディアル・ステーキングに使用されています。

カストディアル・ステーキングとノンカストディアル・ステーキングの違いについて

各ステーキングオプションに関連するリスクを理解することは、すべてのステイカーにとって重要なことです。投資家が犯す最大の過ちの1つは、便利だからという理由でオプションを選択してしまうこと。利便性を優先することは、最近の中央集権型暗号資産取引所の経営破綻が証明しているように、暗号資産ユーザーに多大なる損失を与える可能性があります。

5: 過大に手数料を払ってします

手数料とは、ステーキングプロバイダーがバリデータ・サービスの対価として徴収されるものです。プラットフォームによっては、手数料が不明瞭な場合があります。投資家が事前にデューデリジェンスを行うことなく、無作為にバリデーターを選択したとします。その場合、投資家はバリデータに過剰に手数料を支払ってしまうという罠にはまる可能性があります。一部のステーキング・プラットフォームはこれを利用し、ステーキング・サービスを利用するために高額な手数料を請求しますが、エンドユーザーは通常そのことに気づきません。そのため、以下のような手数料があるかどうかチェックしてください。

  • 手数料(コミッション・フィー)
  • ネットワーク料金

ステーキング・プラットフォームに手数料を支払うことは必ずしも赤信号ではありません。ただ、自分が何に支払いをしているのか、そして、そのサービスに対して料金を支払ってもいいのかどうかを確認する必要があります。手数料はネットワークによって異なりますが、通常5〜10%程度です。その範囲内にあるバリデータを探しましょう。

6: 誤ったプラットフォームの選択

ステーキングについて、正しいプラットフォームを選択することは言うまでもありません。間違ったプラットフォームを選択することは、とても深刻な問題です。ステーキングを検討する場合、ユーザーエクスペリエンス、セキュリティ、金利、サポートされている暗号通貨、流動性のあるステーキング用デリバティブなどを基準にプラットフォームを検討することをお勧めします。ここでは、その取引所として、ステーキングに最適なものを4つ紹介します。

1. OKX

OKXでのステーキングは簡単です。OKXプラットフォームでステーキングする方法は複数ありますが、最も簡単な方法はOKXの「ステーキング」プロダクトを使用することです。最初の支払いはサインアップの2日後で、サインアップした人全員にウェルカムボーナスが保証され、50ドル以上の初回入金時に最高1万ドルまでのエアドロップを受けることができます。OKXではステーキングに加え、リキッドステーキングも提供しています。

2. Kraken

Krakenのステーキングサービスはわかりやすく、そのユーザーインターフェイスも非常にシンプルです。単純にHODL(保有)するのではなく、Krakenのステイカーは暗号資産に対して最大24%の報酬を得ることができます。Krakenは報酬を得ることができる21種類の暗号通貨を提供しており、ほかの多くのプラットフォームとは異なり、最小オンチェーン・ステーキング・タイムもありません。

3. eToro

eToroでのステーキングは非常に簡単です。ユーザーは毎月報酬を受け取ることができます。正確な報酬のパーセンテージは、メンバーがどの階層にいるかによって異なり、75%から90%の範囲です。現在、eToroはETH、ADA、TRXのステーキングをサポートしています。

4. ByBit

Bybitは、最高級の暗号資産ステーキング・プラットフォームの1つとして、顧客にリスクなしで暗号通貨をステーキングする機会を提供しています。USDTやUSDCのようなステーブルコインについては、最大5%のステーキング・ペイアウトを提供します。ユーザーは、フレキシブルな預金や、30日または60日の固定預金を作るオプションがあります。

暗号資産を安全にステークする方法

暗号資産をステークする最も安全な方法は、あなたの特定のリスク耐性と投資戦略によって異なります。ここでは、リスクを最小化するのに役立つ一般的なガイドラインについて紹介します。

  1. MetaMask、Keplr、Trust Walletのような自己保管型ウォレットを使用します。
  2. 暗号資産をステークするために、評判の良いステーキング・プロバイダを選択します。 ステーキングプロバイダーを選ぶ際には、その会社を調査し、確かな評判と実績があることを確認してください。
  3. スラッシングの可能性など、ステーキングに伴うリスクを理解し、それらのリスクを管理するために綿密な計画を立ててください。
  4. ステーキングされた資産の状況やネットワークのパフォーマンスを定期的に確認し、すべてが期待通りに機能していることを確認してください。

暗号資産に関する間違いを正す

専門用語を理解し、異なるステーキングプラットフォームのマーケティング戦術を見抜くのは難しいです。しかし、暗号資産にまつわるよくある間違いから学んでいけば、安全で効果的なステーキングができるようになるでしょう。

よくある質問

ステーキングで最も高いリターンを得ることができる暗号資産はどれですか?

ステーキング中に暗号資産を失うことはありますか?

著者

キリアン・ボショフはパーパス・ドリブン(purpose−driven)の人です。彼は、テクノロジーが私たちの住む世界にどのような変化をもたらすことができるかを研究し、解明することが大好きです。彼は熱心な暗号資産トレーダーであり、StakingRewards.comのリサーチアナリストでもあります。キリアンは現在、母国・南アフリカ共和国におけるデジタル資産の制度的導入の先駆者としての使命を担っています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー