詳細を見る

ミームコインの代表銘柄一覧

15 mins

ミームコインとは、インターネット上で流行したミーム(お笑い画像や動画)をモチーフにした暗号通貨です。2013年に誕生したドージコインが最も有名で、その後、柴犬コインなどのミームコインが次々と登場しており、最近注目を集めています。

本記事では、ミームコインの代表的な銘柄を一覧で紹介し、それぞれの特徴について解説します。ミームコインに興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

ミームコインとは?

ミームコインとは、インターネットのジョークやミーム文化から生まれた暗号通貨のことです。初めは実用的な価値や目的を持たず、主にコミュニティでの楽しみを目的に作られましたが、一部のミームコインは、急速に人気を集め、大きな市場価値を持つようになりました。

ミームコインの人気の背景には、SNSやインターネットコミュニティでの盛り上がり、そしてその独自の魅力やストーリーがあります。その結果、多くの人々が投資や購入をすることで価格が上昇し、大きな話題を呼ぶコインが増えるようになりました。

ミームコインの代表銘柄の一覧

ミームコインの代表銘柄について解説します。

  • ドージコイン(DOGE)
  • シバコイン(SHIBA)
  • ぺぺコイン(PEPE)
  • モナコイン(MONA)
  • ピットブル(PIT)
  • フローキコイン(FLOKI)
  • ベイビードージ(BABYDOGE)

ミームコイン①:ドージコイン(DOGE)

ドージコインは、2013年にビリー・マーカスとジャクソン・パルマーによって作成された暗号通貨です。もともとはジョークやインターネットのミームから誕生したもので、そのアイコンには「Doge」という人気のミームキャラクターが使用されており、ミームコインの中でも代表的なコインとなっています。

ドージコインは、誕生当初からコミュニティ主導のプロジェクトとして成長してきており、特にRedditのコミュニティのサポートが強く、多くのユーザーに支持されています。また、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏がTwitterでドージコインを度々取り上げることで、その価格や人気が一気に上昇することもありました。ドージコインは取引の手数料が低く、送金速度が速いことから、実際の決済手段としても使用されています。

ミームコイン②:シバコイン(SHIBA)

シバコインは、2020年に登場したドージコインの人気を受けて誕生した「ミームコイン」です。シバコインのシンボルやロゴには、日本犬の「柴犬」が使用されており、名前の由来となっています。

シバコインには、独自のエコシステムやDeFiプロジェクトが存在しており、例えば、ShibaSwapという独自のDEX(分散型取引所)、メタバース空間のShibaverseなどを展開しており、他にもLEASH(首輪)、BONE(骨)などのトークンが発行されています。2021年にイーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリン氏が寄付目的で大量のシバコインを売却したことで価格が急落しましたが、その後も大手海外取引所に上場するなど注目を集めています。

ミームコイン③:ぺぺコイン(PEPE)

ペペコインとは、インターネット上で流行したカエルのキャラクター「ペペ・ザ・フロッグ」をロゴにした暗号通貨です。ペペ・ザ・フロッグは、2008年にアメリカの4chanのユーザーによって作成されたキャラクターで、ユーモラスな顔立ちと表情から、インターネット上で広い人気があります。

ペペコインは、ローンチからわずか1日で価格が4500倍にまで高騰したことで注目を集め、その後も、大手海外取引所に続々と上場し、価格上昇が後押しされSNSなどによっても認知拡大しました。

ミームコイン④:モナコイン(MONA)

モナコインは、2013年12月に日本の暗号通貨として誕生しました。ロゴには、日本のネット文化で有名な「モナー」のキャラクターが使われており、プルーフ・オブ・ワーク方式を採用しています。

モナコインは、日本国内での利用が盛んであり、オンラインゲームやSNSなどでの投げ銭や寄付などに使われており、実店舗でも決済手段として利用できる場所があります。モナコインは国内の多くの取引所で取り扱われているため、比較的簡単に購入することが簡単です。

ミームコイン⑤:ピットブル(PIT)

ピットブルとは、BNBチェーン上のコミュニティ主導のピットブル犬をモチーフにしたミームコインです。ピットブルの特徴としては、自動ステーキングの仕組みを通じて投資家に報酬を与える点で、PITで行われる取引手数料からトークン所有者に報酬を与えることで、受動的な利回りを保証しています。

またピットブルの保護に取り組む非営利団体やDeFiプロジェクトと提携しており、幅広いエコシステムを構築しています。

ミームコイン⑥:フローキコイン(FLOKI)

フローキコインとは、イーロンマスク氏が飼っている犬の名前を元に誕生したミームコインです。イーロン・マスク氏の愛犬であるシベリアンハスキーの「フロッキー」をモチーフにしており、イーロン・マスク氏がTwitterに投稿してから、インターネット上で広く人気を集めています。

フローキコインの特徴は、ミームとユーティリティを組み合わせることで、他のミームコインとは差別化を図っている点です。チームの長期的なビジョンとして、NFT、ゲームなどを通して、自律的で分散型のエコシステムを構築することを目標としています。

ミームコイン⑦:ベイビードージ(BABYDOGE)

ベイビードージは、ドージコインの子供として発行されたミームコインです。ドージコイン自体が、シバイヌのミームを基にしたコインとしてスタートし、その後、大きなコミュニティのサポートを受けて価格が上昇。ベイビードージは、このドージコインの成功を受けて誕生した新しいコインで、名前の「ベイビー」が示すように、ドージコインの「子供」という位置づけとなっています。

ベイビードージの特徴は、高速なトランザクションや低い手数料です。また、ベイビードージのコミュニティは、慈善活動や動物の保護活動など、さまざまな社会貢献活動をサポートしており、実際に社会に貢献するコインとしての位置づけを強化しています。

ミームコインに投資する際の注意点

ミームコインに投資する際の注意点を解説します。

  • 価格変動が激しいため、リスクを十分に理解しておく
  • 投資をする際は、余剰資金でおこなう

ミームコインの注意点①:価格変動が激しいため、リスクを十分に理解しておく

ミームコインは、通常の暗号通貨よりも価格変動が激しいため、短期間で大きな利益を得ることができる可能性がありますが、逆に大きな損失を被る可能性もあります。急な価格下落も考えられるため、ミームコインに投資する際には、価格変動のリスクを十分に理解しておくことが重要です。

ミームコインの注意点②:投資をする際は、余剰資金でおこなう

ミームコインは、価格変動が激しいため、余剰資金で投資をすることが重要です。特に、短期間で大きな利益を得ることを目的に投資することは、リスクが高いと言えます。ミームコインに投資する際には、損失を被っても生活に支障が出ない金額、余剰資金で投資するようにしましょう。

ミームコインのよくある質問

Q1:ミームコインは本当に儲かるのですか?

Q2:ミームコインの将来性はどうなのでしょうか?

Q3:ミームコインの価格が急激に変動する原因は何ですか?

まとめ:ミームコインは大きな利益を得ることができる可能性があるが、注意も必要

Acheter Bitcoin anonymement

本記事では、ミームコインの代表銘柄の一覧を解説しました。ミームコインとは、インターネット上で流行したミームをモチーフにした暗号通貨で、ドージコイン・シバコインなどが代表的な銘柄です。その特徴的な誕生背景、ストーリーや、活発なコミュニティから、多くの人々に注目されており、通常の暗号通貨よりも価格変動が大きく、短期間で大きな利益を得ることができる可能性がありますが、価格変動が激しいため、損失を被る可能性もあります。

投資する際には注意が必要ですが、大きな話題を呼ぶコインであるため、今後も注目していく価値はあるでしょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー