詳細を見る

カルダノ(ADA/エイダコイン)とは?仕組みや将来性についてわかりやすく解説

20 mins
更新 Shota Oba

ヘッドライン

  • カルダノ(ADA)は、次世代ブロックチェーンプラットフォームとして注目され、スケーラビリティ、相互運用性、持続可能性に重点を置いています。
  • IOHK、Emurgo、カルダノ財団が推進し、科学的なピアレビューを経た研究アプローチを採用。eUTXOモデルやPlutusプラットフォームが特徴です。
  • 2024年上半期にはChangハードフォークが予定され、CIP-1694の実装やガバナンス機能強化で完全な分散型ガバナンスへ移行します。

カルダノ(ADA/エイダコイン)は、次世代のブロックチェーンプラットフォームとして注目を集めており、スケーラビリティ、相互運用性、持続可能性に重点を置いています。カルダノは革新的なプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム「Ouroboros」を採用し、その技術的な優位性や将来性について詳細に分析します。

カルダノの概要

起源とビジョン

カルダノは、Ethereumの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソンによって創設されました。ホスキンソンのビジョンは、既存のブロックチェーン技術の限界を克服し、より高度な機能とスケーラビリティを提供することです。カルダノの開発は、IOHK(Input Output Hong Kong)、Emurgo、およびカルダノ財団の3つの組織によって推進されています。

科学的アプローチ

カルダノは、学術的なピアレビューを経た研究に基づく科学的なアプローチを採用しており、この方法により、高いセキュリティと信頼性を実現しています。カルダノのプロトコルは、数学的証明と形式検証により、システム全体の整合性を保証しています。

技術的特徴と優位性

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズム:Ouroboros

カルダノのOuroborosは、世界初のピアレビューを経たプルーフ・オブ・ステーク(PoS)アルゴリズムです。Ouroborosは、従来のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)アルゴリズムに比べて、エネルギー効率が高く、環境に優しいという特長があります。さらに、Ouroborosは分散化とセキュリティを両立させる設計となっており、ネットワーク全体の安定性を向上させています。

Ouroborosは、カルダノの持続可能性とエネルギー効率を実現するための中心的な要素です。このアルゴリズムは、ネットワークのノードがブロックを生成するためのステークを保持することで機能します。ステークの大きさに応じてブロック生成の確率が決まるため、PoWと異なり、膨大な計算リソースを必要としません。

さらに、Ouroborosには複数のバージョンが存在し、それぞれがセキュリティとスケーラビリティの向上を目指しています。Ouroboros Praosでは、セキュリティモデルを強化し、悪意のある攻撃に対する耐性を高める設計がなされています。Ouroboros Genesisは、真のランダム性を導入し、新しいノードが参加してもフェアな競争が保証されるようにしています。送金前に手数料が計算可能であるOuroboros PoSとeUTXOの組み合わせは、いわゆるウォレット操作型の詐欺に対する堅ろうな対応策です。

関連記事:カルダノ(ADA)を購入できる国内取引所一覧と購入方法

拡張UTXO(eUTXO)モデル

カルダノのeUTXO(Extended Unspent Transaction Output)モデルは、ビットコインのUTXOモデルを改良したものであり、複数のトークンの同時処理を可能にしています。このモデルにより、スマートコントラクトの複雑なロジックを効率的に実行できます。eUTXOの利点は以下の通りです:

  • 拡張可能性: eUTXOモデルは、トランザクションの検証を個別に行うことができ、並列処理を容易にします。
  • セキュリティ: トランザクションの履歴を明確に追跡できるため、不正行為の防止に役立ちます。
  • 柔軟性: スマートコントラクトの複雑なロジックをサポートし、多様なアプリケーションに対応可能です。

eUTXOモデルは、カルダノが他のブロックチェーンプラットフォームと差別化するための重要な要素です。従来のアカウントベースモデル(例:Ethereum)と比較して、eUTXOモデルはトランザクションの並行処理が可能であり、スケーラビリティと効率性の向上に寄与します。これにより、カルダノは高トランザクションスループットを実現し、DAppsやDeFi(分散型金融)などの複雑なアプリケーションをサポートできます。

カルダノのロードマップとアップデート

出典:カルダノ

カルダノの開発は、5つの主要フェーズに分かれています。各フェーズは、プラットフォームの特定の側面を強化することを目的としています。

バイロン(Byron)

  • 概要: 基本的なネットワークの構築とADAの発行が行われました。
  • 特徴: 初期のネットワークインフラの確立、ウォレットの開発、ネットワークの安定化。

バイロンフェーズは、カルダノの最初のネットワークの立ち上げを目的としており、ユーザーがADAを購入し、取引するための基本的なインフラを提供しました。このフェーズでは、Daedalusウォレットの導入とネットワークの基礎構築が行われました。

シェリー(Shelley)

  • 概要: 分散化の推進とネットワークの安定化が図られました。
  • 特徴: ステークプールの導入、コミュニティ主導のネットワーク運用、Ouroboros PoSアルゴリズムの実装。

シェリーフェーズは、ネットワークの分散化を目的としており、ステークプールの導入により、コミュニティがネットワーク運営に参加できるようになりました。このフェーズにより、カルダノネットワークのセキュリティと分散化が大幅に向上し、真の分散型ブロックチェーンの実現に向けた大きな一歩となりました。

ゴーゲン(Goguen)

  • 概要: スマートコントラクトの導入とDAppの開発支援が進められました。
  • 特徴: PlutusとMarloweというスマートコントラクト開発プラットフォームの提供、複数通貨のサポート。

ゴーゲンフェーズでは、スマートコントラクト機能がカルダノに追加され、開発者がDApps(分散型アプリケーション)を構築できるようになりました。Plutusは、スマートコントラクトの開発を容易にするための強力なプログラミング言語と開発フレームワークを提供し、Marloweは金融契約のために特化されたDSL(ドメイン特化言語)です。

バショ(Basho)

  • 概要: スケーラビリティと相互運用性の強化が目指されています。
  • 特徴: サイドチェーンの導入、ネットワークのスケーラビリティ向上、他のブロックチェーンとの相互運用性の確立。

バショフェーズは、カルダノのスケーラビリティと相互運用性の向上を目指しています。サイドチェーン技術の導入により、ネットワークのトランザクション処理能力が大幅に向上し、他のブロックチェーンとの相互運用性が確立されます。

ヴォルテール(Voltaire)

  • 概要: ガバナンスと自己持続型ネットワークの実現が目的です。
  • 特徴: 投票システムと財政システムの導入、コミュニティ主導の開発と意思決定。

ヴォルテールフェーズは、カルダノのオンチェーンガバナンスと持続可能なエコシステムの実現を目指しています。ADAホルダーがプロトコルの変更や改善提案に投票することで、コミュニティ主導の意思決定が可能となります。また、財政システムにより、プロジェクトの開発資金が持続的に供給されます。

プロジェクトCatalyst

プロジェクトCatalystは、カルダノのオンチェーンガバナンスの実験的な取り組みであり、コミュニティによる提案と投票を通じて、プロジェクトの資金調達と開発を促進するものです。Catalystの特徴は以下の通りです:

  • 提案の提出: コミュニティメンバーは、カルダノエコシステムの改善提案を提出できます。
  • 投票と資金配分: 提案はADAホルダーによって投票され、最も支持を集めた提案に資金が配分されます。
  • 継続的な改善: Catalystは、プロジェクトの進捗状況をモニタリングし、成功した提案の成果を評価します。

Catalystは、カルダノのガバナンスモデルを実証するだけでなく、エコシステム全体の活性化にも寄与しています。これにより、カルダノはより迅速かつ柔軟に進化し続けることが可能となっています。

Changハードフォーク

Changハードフォークは、カルダノのVoltaire時代の最初の大型アップグレードで、2024年上半期に予定されています。これにより、カルダノは完全な分散型ガバナンスの時代へと移行します。

  1. CIP-1694の実装: 重要なプロトコル変更を分散型投票で行うオンチェーンガバナンスを導入し、コミュニティがカルダノの将来を決定できるようにします。
  2. ガバナンス機能の強化: 憲法委員会やDelegation Representative (DRep) の導入により、ステークプールオペレーターの投票権委任が可能になり、コミュニティ全体の意思を反映した投票が実現します。
  3. Plutusプラットフォームの改良: Plutus V3が実装され、スマートコントラクトのパフォーマンスやスループット、セキュリティが向上し、トランザクションコストが削減されます。
  4. ネットワークパフォーマンスの向上: トランザクション処理速度とスケーラビリティが大幅に改善されます。
  5. セキュリティの強化: 新たな暗号技術の導入により、ネットワーク全体のセキュリティが強化されます。

カルダノ財団のフレデリック・グレガールCEOとIOHKのチャールズ・ホスキンソンCEOは、Changハードフォークを「ガバナンスを次のレベルに引き上げる」および「究極の脱中央集権化に向けた大きな一歩」と評価しており、エコシステムの持続的な発展が期待されています。

カルダノのエコシステムとパートナーシップ

カルダノ、ADAの過小評価

カルダノのエコシステムは、多様なステークプールとDAppsが活動中であり、教育、小売、金融など多岐にわたる分野での応用が進んでいます。特に、エチオピア政府との教育分野でのパートナーシップは、ブロックチェーン技術が社会問題を解決する実例として注目されています。

ステークプールと報酬システム

カルダノのステークプール運営は、分散化とネットワークのセキュリティを強化するための重要な要素です。ADAホルダーは、自分のADAをステークプールに委任することで、報酬を得ることができます。このシステムにより、ネットワークの維持と発展が促進されます。

教育分野での応用

カルダノは、エチオピア政府と提携して、500万人の学生の学業成績をブロックチェーン上で管理するプロジェクトを実施しています。この取り組みにより、学業記録の透明性と信頼性が向上し、不正行為の防止に寄与しています。

金融分野での応用

カルダノのブロックチェーン技術は、金融包摂を推進するために活用されています。例えば、MeldというDeFiプラットフォームでは、ユーザーが暗号資産を担保に現金ローンを受けられるため、銀行インフラが未整備の地域でも金融サービスへのアクセスが可能です。また、Empowaプロジェクトは、カルダノを利用してアフリカの中小企業や個人にミクロファイナンスを提供しており、スマートコントラクトを通じて小規模な融資を行い、起業家や農家が迅速かつ低コストで資金を調達できるよう支援しています。

ADAの価格予測

ADAの最高価格ADAの最低価格
2023年$0.729$0.244
2024年$1.22$0.41
2025年$2.24$0.712
2026年$2.14$1.32
2027年$2.57$2.00
2028年$3.85$3.01
2029年$4.23$3.30
2030年$5.26$4.10
2031年$7.89$6.15
2032年$10.65$8.30
2033年$15.97$9.90
2034年$18.37$14.33
2035年$22.04$17.19

BeInCryptoのADA価格予測によると、2024年から2035年にかけて強気とされています。2024年には、2023年の最高値を基に平均騰落率を適用すると、安値が0.41ドル程度になる可能性がありますが、強力な支持レベルがあるため下回る可能性は低いです。そこから次の高値は198.79%上昇し、1.22ドルに達すると予想されます。2025年には最高値が2.24ドルに達し、現在の水準からの予想ROIは441%です。

さらに、2030年にはADA価格が5.26ドルに達する見込みで、2025年の最高値を基に利益確定の売り圧力が強まり、一時的に0.712ドルまで下落するものの、次の高値は2.14ドルになると予測されています。長期的には、2035年には22.04ドルに達すると予想されており、非常に強気な見通しです。これらの予測は技術分析に基づいており、カルダノのネットワーク成長や暗号資産市場全体の動向も考慮されています。

SECによる証券認定の指摘

ADAは、米国証券取引委員会(SEC)によって証券とみなされる可能性が指摘されています。これは、カルダノのネイティブトークンであるADAが、証券法の規制対象となる可能性があることを意味します。この指摘は、カルダノとその投資家にとって重要な課題であり、今後の法的な対応が求められます。

まとめ

カルダノは、その技術的な優位性と持続的な発展により、ブロックチェーン技術の未来を形作る重要な存在です。OuroborosアルゴリズムやeUTXOモデルなどの革新的な技術により、カルダノは他のブロックチェーンプロジェクトと一線を画しています。さらに、プロジェクトCatalystやChangハードフォークなどの取り組みにより、カルダノは常に進化を続けています。カルダノは、より包括的で公正な金融システムを実現するための重要なプラットフォームとしての地位を確立しています。カルダノのその成長と発展を見守ることが重要です。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー