詳細を見る

米リップル、環インド洋経済圏への送金ネットワークを拡大

3 mins

ヘッドライン

  • ブロックチェーン大手リップルが決済フィンテックOnafriq社(旧MFSアフリカ)との提携を発表
  • この提携は英、アフリカ、中東湾岸地域、豪州を含む環インド洋経済圏を縦断するもの
  • 環インド洋経済圏はTPPよりも勢いのある貿易圏として注目されている。
  • promo

米ブロックチェーン大手リップルは8日、決済フィンテックOnafriq社(旧MFSアフリカ)との提携を発表した。英国、アフリカ、中東湾岸地域(湾岸協力会議=GCC)、豪州を含む環インド洋経済圏の市場に向けてデジタル資産に対応したクロスボーダー決済を促進する。

Onafriqは、リップル社の暗号対応決済技術「リップル・ペイメント」を活用し、アフリカと英、豪、GCCという3つの新たな決済コリドーを開設する。英「PayAngel」、GCC「Pyypl」、豪「Zazi Transfer」を利用することで、Onafriqの汎アフリカ・ネットワークを通じて27カ国への送金やビジネス決済が可能となる。

Onafriq社、アフリカの金融包摂と環インド洋経済圏へ進出

リップル社の暗号技術を利用することは、Onafriq(オナフリク)社にとって大きなメリットとなる。同社は、アフリカ40カ国で5億以上のモバイルウォレットと接続し、アフリカ1300以上の決済コリドーで運営されている巨大決済ハブを持つ。しかし、同社はこれまで、送金時間や信頼性、コスト面などで越境決済に問題があった。リップル社とのパートナーシップは、より迅速で効率的かつ費用対効果の高い国際送金をアフリカにもたらすこととなる。

加えて、英国から、GCC、豪州へと新たな決済コリドーを開設することで、成長著しい環インド洋経済圏への旬室を果たすことになる。環インド洋地域は今後2030年までに最も人口が増加する地域の1つとされており、環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP)批准国である日本がこれからどのような関わりを持つかにも注目される経済圏となっている。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー