詳細を見る

2025年までにビットコイン利用者10億人:価格見通しは?

5 mins

ヘッドライン

  • アナリストのウィリー・ウーは、2025年までに10億人のビットコイン保有者を予測し、初期のインターネットを上回る成長軌道を見込んでいる。
  • 機関投資家の需要とビットコインETFのスポットの成功は、供給が逼迫する中、セルサイドの流動性危機が迫っていることを示唆している。
  • アダム・バックは、ビットコインに対する市場の期待の高さを指摘し、価格は現在の水準を超えて高騰すると予想している。
  • promo

ビットコインは暗号通貨業界のトップランナーとして際立っており、アナリストは普及率が指数関数的に上昇すると予測している。

著名アナリストのウィリー・ウー氏によれば、ビットコインは記念碑的な飛躍を遂げようとしており、1997年から2005年までのインターネットの成長軌道に匹敵すると予想されている。

10億人のビットコイン保有者が意味するもの

ウー氏は、このような採用の激変は何年も前から起こっていたと考えている。このため、「このサイクルが終わるまでに10億人がビットコインを所有することになる」とウー氏は断言した。同氏は、初期のインターネットをしのぐデジタル通貨の加速的な普及率を強調した。

暗号解読者のアダム・バック氏は、ビットコインが世界中で加速度的に受け入れられていることを踏まえ、市場がもっと高いゴールを目指していることを示唆した。

「ビットコインは火曜日に73,000ドルを突破した。誰も何も言わなかった。水曜日の大半は73,000ドルを超えていた。物事が落ち着いている理由は、10万ドルはもう数年前に過ぎ去ったと思われているため、1000ドルから5000ドルの緑色のキャンドルがスクロールしていくような強気市場の幸福感があまりないからだと思います」とBack氏は語った。

関連記事:ビットコイン価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

Number of Bitcoin Addresses
ビットコインアドレス数。ソースサンティメント

興味深いことに、このようなビットコイン価格予測の背後にある触媒は、主に機関投資家の需要に起因している。

CryptoQuantのCEO、Ki Young Ju氏が指摘したように、機関投資家の資金流入が続く場合、「セルサイドの流動性危機」が迫っている。この需要の急増は、米国でビットコインのスポット上場投資信託(ETF)のローンチが成功したことと相まって、ビットコインが実行可能な機関投資家向け投資であることを証明し、需要がすぐに供給を上回るかもしれないパラダイムを導入した。

実際、ビットコインのスポットETFは、300億ドル近くを集め、史上最も成功したETFのローンチとしてその参入をマークした。Ki氏が解明したように、この流入は供給誘発型の価格ショックを引き起こす可能性がある。このシナリオは、利用可能なビットコインが増大する需要に対応できない場合である。

先週の3万BTCを超えるスポットETFへの純流入は、潜在的な流動性危機をさらに悪化させている。

Balance on Bitcoin Accumulation Addresses
ビットコイン蓄積アドレスの残高|出典:CryptoQuant

さらに、Ki氏の分析は、トランザクションを受け取るだけのウォレットによるビットコインの蓄積に光を当てている。この蓄積アドレスの上昇傾向は、買いだめ行動の高まりを示唆している。この傾向が続けば、セルサイドの流動性逼迫の始まりを告げる可能性がある。

関連記事:ビットコインは将来1BTC=1億円になるのか?

ビットコインの普及曲線が10億の大台に向けて急上昇する中、特に機関投資家からの需要の高まりと供給の減少との相互作用が、前例のない価格インパクトを触媒する可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー