詳細を見る

10億ドルのビットコインオプションの期限が迫る=週末の価格を押し上げられるか?

4 mins

ヘッドライン

  • ほぼ10億ドル相当のビットコインオプション契約が2月2日に満期を迎え、市場価格に影響を与える可能性がある。
  • 期限切れのビットコインオプション契約の想定元本は9億6000万ドルで、さらにコールやロング契約が売られている。
  • ビットコインに加え、23万枚のイーサリアム契約も今週金曜日に期限切れとなり、想定元本は5億3000万ドルに達する。
  • promo

ほぼ10億ドル相当のビットコインオプション契約が2日、満期を迎える。さらに、市場はETFローンチ後の落ち込みから回復したが、デリバティブの満期イベントは週末の価格を押し上げることができるだろうか?

約2万2,000のビットコインオプション契約が2日に満期を迎える。今週の満期イベントは、先週の大規模な月末イベントよりははるかに小さいが、それでもほぼ10億ドル相当の契約である。

ビットコインオプションの期限切れ

Greeks Liveによると、同日のビットコインオプション契約満期の想定元本は9億6,000万ドル。プット/コールの比率は0.66であり、より多くのコールまたはロング契約がプットまたはショート契約として売られていることを意味する。

最大ペインポイント、つまり最も損失が出る価格は4万2,000ドルである。しかし、権利行使価格5万ドルでは、14,191枚のコールの売建玉が残っている。Deribitによると、想定元本は6億1,000万ドル。

また、4万5,000ドルの権利行使価格のコール契約は1万2,307枚で、多くのOIがある。

Bitcoin options OI by expiry. Source: Deribit
ビットコインオプションの期限別OI|出典:デリビット

今週の暗号資産市場は比較的横ばいであったとグリークスライブはコメントし、相対ボラティリティとインプライドボラティリティは主要なタームで低下傾向にある“と付け加えた。

「ビットコインスポットETFは、グレイスケールの売りが鈍化するにつれて、暗号資産市場に増資をもたらし始めている。次の大きな話題は、ビットコインの半減に関する憶測であり、これは今年も強気の基調を維持している。”

続きを読むビットコイン先物とオプションをプロのように取引する方法

暗号資産市場とイーサリアムオプションの最新情報

期限切れのビットコインオプションに加えて、23万イーサリアム契約が今週金曜日に期限切れとなる。これらの想定元本は5億3,000万ドルで、プット/コールの比率は0.33である。

ETHオプションの最大ペインポイントは2,300ドルで、これは現在のスポット市場価格である。

暗号資産市場は過去24時間で2.3%上昇し、総資本は1兆7300億ドルに達した。しかし、スポット市場は過去2ヵ月間に形成された横ばいチャネル内にとどまっている。

Total crypto market cap. Source: CoinGecko
暗号資産時価総額|出典:コインゲッコー

ビットコイン価格は2.6%上昇し、金曜日の朝のアジア取引セッションで4万3,000ドルの価格水準を回復した。同資産はETFのローンチ日以来4万4,000ドルを超えることができなかったため、オプションの満期が大きな影響を与える可能性は低い。

ETH価格は2,300ドルを回復したため2%上昇したが、過去1週間は横ばいで推移している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー