詳細を見る

【PR】 仮想通貨価格が暴落している今、注目すべき仮想通貨プレセール

15 mins
更新 Shota Oba

ビットコイン(BTC)は10月に入り、1カ月ほど続いていた2万8600ドルエリアの高値から逆転。現在は2万7000ドル近辺で調整を続けています。

10月最初の月曜日には、ビットコインの価格上昇とショートポジションの清算が注目されましたが、マクロ経済の影響により、価格は再び下落しています。

米国では、経済指標が予想以上に良好で利回りが上昇。求人数が予想を上回り、ISM製造業PMIのデータも強気であることが確認されました。

米国政府債の利回りが高まると、リスキーかつ仮想通貨を含む利回りのない資産への投資のインセンティブは低下します。そのため、利回りが上昇し続けると、ビットコイン価格にネガティブな影響が出続けるでしょう。

また、FTX社元CEOであるサム・バンクマン=フリード氏の裁判や、米国で初めてローンチされたEther先物ETFも、仮想通貨市場の注目ポイントとなっています。

注目すべき3つの仮想通貨プレセール

主要な仮想通貨の価格が停滞する一方で、いくつかの優れたプロジェクトは、長期投資家に将来性のある購入機会を提供しています。ここでは、上場前に格安で買うことができる、おすすめの仮想通貨プレセールを3つ紹介します。

Meme Kombat – 人気のミームキャラクターを用いたエキサイティングなバトルが熱狂を生む仮想通貨

暗号通貨プレセールは、投資家に対して新しいプロジェクトが一般公開される前に参加する機会を提供します。

とはいえ、投資家は新しい仮想通貨で資金を危険にさらす前に、プロジェクトとその範囲について十分に注意して理解する必要があります。 以下は、注目すべき最高の仮想通貨プレセールとして私たちが選んだリストについての詳細なレビューです:

Meme Kombatは、ミームコイン$MKとバトルアリーナのコンセプトを巧みに融合させたプロジェクトであり、エキサイティングなゲームを提供しています。

Meme Kombatでは、プレイヤーは自分の暗号通貨ウォレットをプラットフォームに接続し、$MKトークンを賭けることで、人気のミームキャラクターを用いた壮大なバトルに参加することができます。

魅力的なポイントとして、プレイヤーが$MKトークンを預けることで、年間112%の受動的な利回りを享受できるステーキングシステムがあります。この利回りは、早期の投資家を特に惹きつけるインセンティブとなるでしょう。

現在、Meme Kombatはプレセール中で、トークンを0.1667ドルの価格で入手できます。立ち上げから数日経った段階で、プロジェクトは既に約40万ドルの資金を調達し、その人気と期待感を物語っているでしょう。

通貨名シンボルトークン価格特徴
Meme Kombat$MK0.1667ドル①エキサイティングなバトルアリーナを提供
②$MKステーキングで年間112%の利回り獲得
③プレセールで約40万ドルの資金調達に成功

yPredict – 最新のAI技術で市場トレンドを分析し、投資家のサポートを行う仮想通貨

yPredictは、AI専門家が開発した予測モデルを特色とする、仮想通貨分析プラットフォームです。

このプラットフォームでは、自然言語処理(NLP)や他のAI技術を駆使することで、正確な市場予測を可能にします。また、最新分析ツールや詳細なテクニカル分析機能を提供し、投資家が市場のトレンドを把握しやすくしています。

他にも、独自のパターン検出アルゴリズムなど、テクニカルな分析ツールがyPredictには揃っています。

このプラットフォームの通貨である$YPREDトークンは現在プレセール中で、0.1ドルで取得可能です。また、リストプライスは0.12ドルであり、今後数カ月で価格が上昇することが期待されています。

さらに、$YPREDトークンの保有者は、サブスクリプション収益の10%を受け取る権利を保持。トークン生成イベント(TGE)では、プレセールトークンの最大650万ドル、すなわちトークンの50%が利用可能となります。なお、$YPREDトークンの総供給量は10億トークンに制限されています。

また、$YPREDは透明性の高いPolygonブロックチェーン上で動作するスマートコントラクトを利用しています。

yPredict$YPRED0.1ドル①最先端AI機能で仮想通貨トレンドを追跡
②$YPRED保有者にサブスク収益の10%を配布
③Polygonブロックチェーンにてスマートコントラクトを実装

Bitcoin Minetrix – 受動的な収入を実現する、業界初のStake-to-Mine導入の仮想通貨

Bitcoin Minetrixは従来のクラウドマイニングと異なり、「Stake-to-Mine」システムを仮想通貨業界で初めて取り入れています。

これは、ユーザーが$BTCMTXをステーキングし、ビットコインをマイニングする「マイニングクレジット」を得るというものです。このクレジットは交換できないトークン形式であるため、安全であり、詐欺から自由な体験を提供します。

また、もしユーザーがBitcoin Minetrixのプラットフォームを離れることを選んでも、$BTCMTXトークンは簡単に売却可能であり、契約に縛られることなく、自由に使うことができます。

さらに、大量のエネルギーを使うマイニングリグや初期投資が要らないため、環境にやさしいプロジェクトとしても注目を集めています。

このようなクラウドマイニング領域に革新をもたらすシステムにより、$BTCMTXのプレセールは大きな注目を集め、数時間で10万ドルを超える資金調達に成功しました。

現在、プレセール段階で$BTCMTXは0.011ドルという割引価格で利用可能ですが、段階的に価格は上昇し、0.0119ドルでプレセールが終わりに向かう予定です。

通貨名シンボルトークン価格特徴
Bitcoin Minetrix$BTCMTX0.011ドル①Stake-to-Mineシステムを導入
②Bitcoinマイニングでパッシブインカムを獲得
③0.011ドルで$BTCMTXを購入可能

仮想通貨のプレセールとは?

仮想通貨のプレセールとは、新興の仮想通貨プロジェクトが広く一般市場に公開される前に、特定の投資家や早期サポーターに向けてトークンが販売されるイベントです。これは新しいプロジェクトが開始資金を集め、その進行をサポートする主要な方法となっています。

プレセールの目的は多岐にわたり、プロジェクトの初期の段階での開発やマーケティング活動などに必要な資金を調達するとともに、プロジェクトの将来性を早期から信じて支援する投資家たちに、トークンを事前に割引価格で購入するチャンスを提供します。また、プレセールは新しいプロジェクトに対する関心や注目を高め、後に行われる一般公開時(ICO、IEOなど)に多くの投資家を引き寄せる役割も果たします。

また、プレセール中の仮想通貨は上場前であるため、割引価格で購入することが可能です。そして、かつてドージコインやSHIBA INUなどのミームコインが起こした価格爆上げの再現を望み、割引価格で買えるプレセール仮想通貨を求める投資家も多いでしょう。

しかし、プレセールにはリスクも伴います。詐欺の可能性、リギュレーションに関する問題、またトークンの価格が市場で下落する可能性などがあります。これらを考慮に入れつつ、投資家はプロジェクトの背景調査やホワイトペーパーの内容を徹底的に理解し、賢明な投資決定を行う必要があるでしょう。

プレセール中の仮想通貨の購入方法

プレセール開催中の仮想通貨の購入方法として、いくつかのステップを踏みます。ここでは、例としてMeme Kombatの買い方を解説していきます。

ステップ1 – 仮想通貨ウォレットをダウンロード

最初に、仮想通貨用のウォレットをダウンロードしましょう。代表的なウォレットには、MetaMaskがあります。ダウンロード後、Meme Kombatの公式ウェブサイトから、プレセール専用ページへと進んでください。

ステップ2 – ETHやUSDTをウォレットに入金

Meme Kombatでは、ETHやUSDTなどのERC-20トークンで$MKを購入できます。そのため、ETHやUSDTを取引所から購入し、ウォレットに転送しましょう。

転送後、Meme Kombatの公式ウェブサイトにて「ウォレットを接続する」をクリックします。

ステップ3 – ​​ウォレットをMeme Kombatに接続

公式ウェブサイトにて、ウォレットを接続してください。MetaMaskウォレットを使用している場合には、ウォレットの種類で「MetaMask」を選択することで、接続が完了します。

ステップ4 – $MKを購入

ウォレットに入金したETHやUSDTで、$MKを購入しましょう。購入したい数量を入力し、購入を完了させます。

ステップ5 – $MKを入手

プレセール終了後に請求を行うことで、手元にトークンが入ってきます。請求は、先ほどのMeme Kombat公式ウェブサイトにて実施可能です。

まとめ

ビットコインやイーサリアムなど、市場をリードする仮想通貨の停滞が継続。外的要因により、さらなる下落も考えられます。マクロ経済については、投資家は引き続き慎重に注視すべきでしょう。

一方で、本記事で紹介したおすすめの仮想通貨プレセールでは、将来にわたる著しい利益を見据えて、ポジティブな話題を投資家に提供しています。今回掲載した3つのコインは、特にコミュニティ主導であり、プロジェクトの透明性も確かでしょう。

ただし、高いボラティリティを持つこれらの通貨は、価値が下落するリスクも孕んでいます。そのため、リスクとリターンを完全に把握した上で、細心のリサーチと理解を基盤とした投資を心がけることが重要です。

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー