詳細を見る

金ETFの資金流出が20億ドルを突破:ビットコイン(BTC)との比較は過大評価か?

6 mins

ヘッドライン

  • 2024年の金ETFの流出額は20億ドル以上に達し、ブラックロックのiシェアーズ・ゴールド・トラストETFは4億2360万ドルの流出を目撃した。
  • ビットコインETFは急増しており、2024年1月11日に商品がSECのグリーンライトを受けて以来、2024年のフローは116億ドルに増加した。
  • 資金流出にもかかわらず、アナリストは、これは必ずしも金からビットコインへのシフトを示すものではなく、株式のFOMOを示すものであると注意を促している。
  • promo

金の上場投資信託(ETF)からの流出は、今年に入ってから20億ドルを超えた。少し皮肉なことに、ブラックロックの金ETFは、ビットコインスポットETFの資金流入が2月14日に今年累計で50億ドルに達したにもかかわらず、4億2360万ドルで2番目に大きなETFとなった。

SPDRゴールド・シェア(GLD)とブラックロックのiシェアーズ・ゴールド・トラストETFからの流出は、2024年に金ETFから移動した24億ドル以上を占めている。

金の流出はBTCの流入を意味しない

投資家はまた、AbrdnのPhysical Gold SharesとPrecious Metal Basket Gold Shares ETFからも大量の株を投棄した。これらからの流出額はそれぞれ4110万ドルと2200万ドルだった。

続きを読む 暗号資産対株式:2023年の投資先

しかし、これらのフローは必ずしも投資家がゴールドからビットコインに移行しているわけではない、とブルームバーグのアナリスト、エリック・バルチュナスは昨日のXのスレッドに書いている。むしろ、これらの流れは、米国のインフレ率が高水準で推移していることを受け、投資家が投資機会を逸することへの恐怖(FOMO)を示している可能性がある。

“一方、金ETFのカテゴリーでは今、かなりひどい状況だ……念のため、私はこれらが(ほんの少しかもしれないが)[BTC]ETFに移行している人たちではなく、むしろ私たち株式フォモ(新しい[経済]データを考えると反転する可能性はあるが)であると思う “とBalchunas氏は述べた。

spdr gold etf
SPDRゴールド・トラストETF [GLD] ネットフローと金価格の比較|出典:MacroMicro出所:MacroMicro

金ETFは、投資家に貴金属を物理的に保有することなく、貴金属へのエクスポージャーを提供する。最初のSPDRゴールド・シェアETFは2004年にニューヨーク証券取引所に上場された。本稿執筆時点で、少なくとも他の19の米国ETFが金のスポット価格を追跡している。

金とビットコインETFのフローが示唆するもの

暗号資産と金商品の間の資金フローのコントラストは驚異的である。金ETFは2024年に入ってから24億ドル減少しているのに対し、ビットコインETFへの資金流入はここ数日だけで合計23億ドルに達している。

グレイスケールのビットコイン・トラストを除くビットコインETFは、1月11日の承認以来、およそ116億ドルの資金流入があった。これは、過去4日間の資金流入が保有資産のほぼ20%を占めていることを意味する。1月のデータによると、金の上場商品の保有量は約2%減少している。

ビットコインに比べ比較的変動が少ない商品であるため、金は短期的なリターンを得る手段ではなく、金属を取引する人々や老後のインフレ率の低下を求める人々によって価値の貯蔵とみなされることが多い。したがって、フローの回転はそれほど劇的ではない。

続きを読むビットコインとは何か?元祖暗号通貨へのガイド

したがって、金とビットコインのパフォーマンスの比較は、投資家が何を達成したいかによる。ビットコイン評論家のピーター・シフ氏はかつて、ホドラー(価値の貯蔵手段として金ではなくビットコインに依存する人々)を嘲笑したことがある。ビットコインETFの承認に反対票を投じた米国証券取引委員会のキャロライン・クレンショー委員は、ビットコインの価値提案は仲介者を介さないピアツーピアの取引所にかかっているため、ビットコインを保有する伝統的な金融会社は伝統的な投資の論理に反していると述べた。

「ビットコインはピアツーピアのシステムです。なぜ既存の金融システムと結びつけることにこれほど多くのエネルギーが費やされているのでしょうか? 今日の我々の行動は、投資家に新たな投資へのアクセスを提供するのではなく、投資自体の価格を支えるために新たな投資家へのアクセスを提供しているのではないかと危惧しています」とクレンショーは語った。

BeInCryptoはピーター・シフ氏にコメントを求めたが、報道時点では返答がなかった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー