詳細を見る

Coinbaseの法務担当者がイーサリアムがセキュリティではない理由を説明

5 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • Coinbaseの最高法務責任者であるPaul Grewal氏は、SECの監視の中、イーサリアムが証券ではなくコモディティであることを擁護している。
  • Grewal氏は、過去のSECとCFTCの声明とイーサリアムの非中央集権的な性質に言及し、セキュリティ分類に反論している。
  • 同氏はSECの再評価の試みを批判し、規制の明確化と米国投資家の利益の必要性を強調した。
  • promo

Coinbaseの最高法務責任者であるPaul Grewal氏は、イーサリアムのセキュリティまたはコモディティとしての地位に関する継続的な議論に強い姿勢を示した。

米国証券取引委員会(SEC)がイーサリアムを証券に分類する可能性について厳格な法的努力を行っている中、Grewal氏はイーサリアムがコモディティとして長年認識されていることを強調しています。

イーサリアムは証券ではない

SECのイーサリアムに対する監視は、2022年9月のProof-of-Stake(PoS)ガバナンスモデルへの移行後に強化されている。このような行動は、暗号資産業界内でイーサリアム上場投資信託(ETF)の将来に関する懸念を呼び起こした。

SECのこの動きは、以前ビットコインETFのスポットをいくつか承認したにもかかわらず、イーサリアムベースの金融商品に対するより厳しいアプローチを示唆している。

Grewal氏は、イーサリアムは2015年の設立以来、何百万人ものアメリカ人が保有する暗号資産市場の重要な一部であると指摘している。同氏は、SEC高官、さらにはSEC委員長に就任する前のゲーリー・ゲンスラー氏による過去の発言に言及し、イーサリアムが非証券であることを肯定している。

「2018年、証券取引委員会は、2014年にどうであったかにかかわらず、(イーサリアムは)現在、十分に分散化されており、証券ではないとみなすと述べている」とゲンスラーは述べた。

https://www.youtube.com/watch?v=ZPy9QbY6D9w

さらにGrewal氏は、商品先物取引委員会(CFTC)がイーサリアムを商品として分類したことを挙げている。これは2021年以降、CFTCが規制する取引所でイーサリアムの先物契約が取引されていることに裏打ちされている。

「ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、テザーは)コモディティだと思います。そして、それらはCFTCの取引所に上場されているため、我々は規制的な関係を持っている-明らかにデリバティブ市場とその商品との関係であるが、基礎となる市場も同様である」とCFTCのロスチン・ベーナム委員長は述べた。

https://www.youtube.com/watch?v=uSzkIWt3sfM

SECの現在のスタンスについて、Grewal氏はイーサリアムの分類を再評価しようとするSECの試みを批判している。同氏は、このような行為は確立された規制上のコンセンサスとアメリカの投資家の利益を無視するものだと主張している。

同氏はまた、イーサリアムがHoweyテストにおける「投資契約」の基準を満たしていないことを強調した。

「SECにはETH ETPの申請を却下する正当な理由がない。そして、SECが繰り返し承認してきたETHの長い間確立された規制上の地位を疑問視することで、彼らが捏造しようとしないことを望む。それは法律が機能する方法ではない。そして、アメリカ人はより良いものを手に入れる価値がある」とグレワル氏は述べた

Grewal氏の主張は、暗号通貨規制に関する広範な議論と、規制アプローチにおける明確性と一貫性の重要性を反映している。イーサリアムをコモディティとして認めるという彼の主張は、暗号通貨の革新的な可能性を保護するための重要な努力を反映している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー