詳細を見る

ミームコインはどのように価値を提供できるか?

6 mins

ヘッドライン

  • ヴィタリック・ブテリンは、批判の中でミームコインの社会的利益について議論し、公共プロジェクトに資金を提供し、大義を支援するためのツールとしてミームコインを想定している。
  • ブテリンは、暗号資産を楽しく包括的なものにするために、チャリティ・ミームコインやゲームを提案し、恵まれないコミュニティを向上させる可能性を強調している。
  • 賛否両論あるものの、同氏はミームコインが社会に積極的に貢献する機会があると見ており、単純なコピペトークンを超えるイノベーションを促している。
  • promo

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンは、ミームコインの潜在的な社会的利益に光を当て、このユニークな資産クラスに対する暗号通貨コミュニティの複雑な感情を取り上げた。

彼の洞察は、2015年のDogecoinの台頭から最近のSolanaミームコインをめぐる論争まで、暗号資産がミームコインの意味合いと格闘している時にもたらされた。

ミームコインは真の価値を提供できるか?

ブテリンは、重要な公共プロジェクトに資金を提供する斬新な方法としてトークンを発行することを想像していた10年前の同氏のビジョンを再訪した。このコンセプトは、伝統的な市場や制度とは異なる、第3のクラスの大規模な資金調達技術を導入した。同氏は、AntiCancerCoinやClimateCoinのようなコインが、がん研究や環境保護のような大義を直接支援できる可能性を示唆した。

現在、話題はミームコインにまで発展し、実体がなく、時にはネガティブなコミュニティを助長すると批判されることもある。イーサリアムの哲学者であるポリニヤは、暗号資産コミュニティには “倫理観が欠如している “と非難した。同氏が批判したのは、人種差別や性差別、その他の攻撃的なコンテンツを促進するミームコインの出現だ。

同氏は、これらのトークンは主に富の再分配に役立ち、多くの人々に不利益を与え、一部の不快な個人を利するものだと主張した。しかし、ヴィタリック・ブテリンは、ミームコインの遊び心をポジティブな結果に生かすチャンスだと考えている。

同氏は、アンチエイジングの研究や文化的プロジェクトなどに貢献したチャリティーコインの例を紹介している。これらのプロジェクトは、ミームコインが有意義なイニシアチブを支援する可能性を示している。

「私は、人々の楽しみたいという欲求を大切にしています。暗号資産は、この流れに逆らうのではなく、むしろこの流れに乗って泳いでほしいと思っています。そして、エコシステムとその周りの世界に積極的に貢献する(単に「ユーザーを呼び込む」だけでなく)、より質の高い楽しいプロジェクトが、より多くのマインドシェアを得ることを望んでいます」とブテリンは書いている。

続きを読む2024年に流行する7つのホットなミームコインとアルトコイン

同氏はまた、”Robin Hoodゲーム “を通じた、より魅力的で包括的なアプローチも構想している。これらのゲームはエンターテインメントを提供し、富を再分配することで、低所得層のプレイヤーに利益をもたらすだろう。同氏は、経済的に恵まれない人々を向上させるためにプレイ・トゥ・アーンのゲームが成功していることを指摘し、楽しくて魅力的なゲームは、参加者全員にとってプラス・サムの環境を作り出すことができることを示唆している。

「人々の楽しみたいという欲求を満たすことが目的であるならば、単純なコピーの貼り付けではなく、より複雑で面白いゲームを作るべきであり、特に低所得層のプレイヤーが経済的に有利になるようなゲームは、彼らが来たときよりも良いコミュニティから去る可能性が高い」とブテリンは結論づけた。

要するに、ヴィタリック・ブテリンは、社会やグローバル・コミュニティに積極的に貢献するミーム・コインを作る方向へのシフトを提唱しているのだ。彼のビジョンは、ミームコインを懐疑的な対象から、社会的な善と娯楽のツールへと変貌させ、開発者を高揚させ、団結させる方法で革新することに挑戦している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

tcpmhrysu-u03t5lkrp5j-f1c2fdda21bd-512.png
Ali Martinez
アリ・マルティネスはBeInCryptoのグローバル・ヘッド・オブ・ニュースで、市場分析、暗号資産業界の新たなトレンド、ビットコインの4年サイクル、マクロ経済動向を専門としている。以前はCrypto Briefing、CryptoSlate、CCN.com、NewsBTCでアルトコイン市場を担当。ICOブーム、イーサリアムの進化、ビットコインの半減期、ハードフォークやソフトフォークのようなネットワークのアップグレードに焦点を当て、デジタル資産の評価への影響を強調した。BinanceとFXStreetでは、アリはコンテンツクリエーターとジャーナリストチームを率いて暗号資産市場調査レポートを作成し、ブロックチェーン業界の技術的進歩を取材した。同氏は、CEO、トップ暗号資産インフルエンサー、市場アナリスト、スマートコントラクト開発者など、さまざまな人物にインタビューしてきた。アリはマーケティングとデジタル・メディア・マネジメントの2つの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー