詳細を見る

モルガン・スタンレーが米国経済について語ったこと:ビットコインへの影響について

6 mins

ヘッドライン

  • モルガン・スタンレーのチーフ・エコノミスト、エレン・ゼントナーによれば、アメリカ経済は今後18ヶ月でリセッションに突入する可能性が高いという。
  • ゼントナーは、過去1年半の金利上昇の影響がすべて鬱積しているため、景気後退はほぼ確実だと断言する。
  • ビットコインの57,000ドルの急騰は、米国経済の状況ではなく、機関投資家の活動により直接的に影響される可能性が高いようだ。
  • promo

モルガン・スタンレーのエレン・ゼントナーは、米国経済のハードランディングを予測している。彼女の発言は、ビットコインが最近急落し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに踏み切るとの市場の期待が高まる中でのものだ。

投資銀行モルガン・スタンレーのチーフ・エコノミストであるエレン・ゼントナー氏は、今年中には起こらないかもしれないが、いつかは米国の景気後退は避けられないと予測している。

モルガン・スタンレーが景気後退を予測する理由

ゼントナー氏によれば、最近の金融政策決定の影響が出るのは、今後18ヶ月の間だけかもしれないとのことだ。FRBが1年半かけて徐々に引き上げた高金利が貸出市場に影響を及ぼし、間もなく景気後退に陥る可能性がある。

「いつかはハードランディングする。金融引き締めの影響はまだ全部は出ていないというのが私たちの意見です」とゼントナー氏。

ゼントナー氏によれば、高金利の影響は経済の一部に現れている。企業のデフォルト(債務不履行)は昨年、パンデミック後の最高値を記録し、連邦準備制度理事会(FRB)のデータは銀行融資の減少を示唆している。また、前月の食品とエネルギーを除いたコア・インフレ率が3.9%伸びたことを考えると、利下げ緩和は年央以降になるかもしれないとゼントナーは付け加えた。

続きを読む暗号通貨を使ってインフレから身を守る方法

morgan stanley us inflation
米コア・インフレ率前年比|出典:TradingEconomicsトレーディングエコノミクス

米連邦準備制度理事会(FRB)は過去3回の会合で金利を引き上げている。中央銀行は3月12日に会合を開き、この政策を継続するか、利下げを開始するかを決定する。

アナリストは3月の利下げ予想を縮小している。しかし、年内に100ベーシスポイントの利下げが実施される可能性は39%と予測している。

ビットコインが米国経済の影響を受けない理由

一方、ビットコインは昨日、57,000ドルまで日中10%急騰した。トレーダーは価格発見モードに入っており、市場の動きは鈍いため、ビットコインがこの価格をいつまで維持できるかは不透明だ。

ほぼすべてのビットコイン保有者は現在利益を得ており、新規投資家は今日この資産に投資した資金がどうなるか不透明である。さらに、最近の急騰は個人トレーダーよりもむしろ機関投資家の 取引戦略によって もたらされているように見える。オンチェーン分析によると、過去1週間の平均取引サイズは180,267.82ドルだった。

Galaxy Digitalのリサーチ責任者であるアレックス・ソーン氏は、価格が54,500ドルを超えたときに動いた供給はわずか5%だったと述べた。さらに、この資産は生涯の1.4%しか高値で取引されていない。したがって、近い将来のビットコインの価格は、機関投資家の活動に大きく依存する可能性がある。

続きを読むビットコイン(BTC)の購入方法と知っておくべきすべて

bitcoin morgan stanley recession
最後に動いた価格によるBTC供給量OnChain|ソース:ギャラクシー・リサーチ

K33のデータから、火曜日にビットコインが54,000ドルに急騰したのは、資金調達レートを864日ぶりの高水準に急騰させたショートスクイーズによるところが大きいことが明らかになった。ビットコインの証拠金取引ポジションが清算された後、資産は57,000ドルまで急騰した。ーBeInCryptoはゼントナー氏にはーLinkedInでーにーこのー暗号資産に関するーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー