詳細を見る

コーヒージラーは警告する:柴犬リブランド計画の危険性

3 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産探偵Coffeezillaが柴犬のミームコインからよりシリアスな役割へのリブランディング努力を批判。
  • Coffeezilla、柴犬のCMで紹介されたブロックチェーンによるデジタルウィルを非難 詐欺の危険性を指摘
  • 柴犬の実世界での実用性を高めるという軸は、イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるShibariumの立ち上げと一致している。
  • promo

Coffeezillaとして知られるスティーブン・フィンデイゼンは、ブロックチェーン会議でデビューした柴犬のコマーシャルに狙いを定めている。このCMは、柴犬のミームコインのルーツから、より深刻な未来的役割へのシフトを描いている。

Coffeezillaは、ミームコインがリブランディングし、暗号エコシステムの中でより実質的な役割を採用しようとしていることについて警告している。

Coffeezillaが柴犬のリブランディングを批判

論争の的となった柴犬のコマーシャルは、自己保存の重要性と柴犬がミームコインから「社会全体」へと移行することについてのカップルの会話が舞台となる物語を特徴としている。その結果、怪しげな暗号資産ベンチャーに対する批判的な目で知られるCoffeezillaは、コインの地位を高めようとするこのCMを非難した。

「彼らが自分たちを社会と呼ぼうとするのも腹が立つ。お前たちはただのカルト集団だ。お前らは社会じゃない」とCoffeezillaは言った。

続きを読む暗号資産詐欺を暴くユーチューバーCoffeezillaとは?

https://www.youtube.com/watch?v=wwpYWTOj2aA

このCMはさらに、ブロックチェーンを通じて送信されるデジタル遺言を導入し、相続を示すことで、投機的フィクションに飛躍している。このコンセプトは革新的ではあるが、Coffeezillaは技術的な裏付けがなく、詐欺に遭いやすいと批判した。

ミームコインに手を出すなという彼の警告は、ミームという地位からの脱却を促し、このような不安定な資産への投資に伴うリスクを強調している。この批評は、柴犬や同様の暗号資産がミームの起源を超えた正当性を求めていることから生じている。

続きを読む柴犬(SHIB)の価格予測 2024/2025/2030

実のところ、2023年12月、柴犬の開発者である草間志俊氏は、ミームを超えて実世界の実用性を高めるというビジョンを共有した。この軸は、イーサリアムのスケーラビリティと効率性を高めることを目的としたレイヤー2ネットワークであるShibariumの立ち上げと一致している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー