詳細を見る

Aave、Polygon zkEVM・BNBチェーン・StarkNetを採用か

3 mins

レンディングプロトコルAaveが新規チェーン採用に関するガバナンス投票、「Temperature Check」を開催中。Polygon zkEVM・BNBチェーン・StarkNetに対し、多くの支持票が集まっている。

イーサリアムのレイヤー2ロールアップPolygon zkEVM、バイナンスのBNBチェーンの2つのチェーンに対しAaveの最新バージョン3を追加することに圧倒的な支持が集まった。両チェーンは、イーサリアム仮想マシン(EVM)を使用した分散型アプリケーション(Dapps)を採用している。

今回の採用により、Aave V3はBNBチェーン上に展開され、BNBWBTCBETHWETHUSDCUSDTを担保として使用可能となる。PolygonのzkEVMに関しては、3月27日にメインネットをローンチされたが、同プロトコルは22年10月よりテストネットを通じ、既に6ヵ月使用している。

Starknet追加に関する提案は3日より開始。賛成が過半数となると、Aaveの実装予定リストに追加する可能性がある。現在、投票の支持率は99.9%で、4月11日に終了予定だ。しかし、Aaveプロトコルが現在使用されている多くのチェーンとは対照的に、Starknetはイーサリアム仮想マシンとの互換性がない。そのため、Aave V3プロトコルをStarkNetで利用されるプログラミング言語「Cairo 1.0」に書き換える必要がある。加えて、StarkNetの追加がなされた場合、Aaveコミュニティから20万ドルの助成金が求められる予定。

現在同プロトコルは、合計で7つのチェーンで稼働中。暗号資産(仮想通貨)分析サイトDefiLlamaによれば、総額5.68億ドルの総ロック額(TVL)のうち、約85%がイーサリアムのメインネット上に残っている。

さらにAaveは、独自のステーブルコイン「GHO」の立ち上げ準備を進めている。23年2月にはイーサリアムのGoerliテストネットで開始。昨今のBinance USD(BUSD)ステーブルコインの市場シェアが急激な減少を背景に、BNBチェーンへの拡大に意欲を示している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー