詳細を見る

2023年注目のミームコインSmurfs Coin|ポストPEPE、BabyDogeとなるか

5 mins

Smurfs Coinは、EthereumとBinance Smart Chain (BSC)上で構築されたマルチチェーントークンです。新しいミームコインとして注目を集め、独自かつ堅牢なトークノミクスを持ち、近い将来、PEPEやBabyDogeなどをも追い抜くと目されています。本記事では、有望な成長ポテンシャルと強力なコミュニティのサポートで注目されるSmurfs Coinなどについて紹介します。

CoinMarketCapのSmurfsINU ($SMURF)と混同しないようご注意ください

Smurfs Coin($SMURFS)とCoinMarketCapのSmurfsINU($SMURF)との混同に注意してください。間違ったコインの購入により、資産を失う可能性があります。Smurfs Coin(SMURFS)についてはしっかりと下調べをし、公式ウエブサイトやソーシャルメディアなども必ずチェックしましょう。

BUY $SMURFS<<

トークンの配布と特徴

Smurfs Coinは総供給量4040億トークンを誇っています。そのうち60%は流動性プールに移され、結果としてLiquidity Provider(LP)トークンは2年間のタイムロック契約でロックされます。さらに、トークンの40%は主要取引所への上場のために確保されます。

特筆すべきは、Smurfs Coinでは追加の税金は課されないため、追加費用なしでスムーズな送金、購入、売却が可能です。その独自のトークノミクスは、バランスの取れた配布を確保し、投資家やトレーダーを魅了しています。

Smurfsトークンの購入方法

Smurfsトークンは公式ウェブサイトで簡単に購入することができます。Uniswapの利用が可能で、CoinMarketCapおよび新しいウェブサイトでの上場も予定されています。購入者はウォレットを設定し、ダウンロードしてアカウントを作成すればOK。ユーザーはETHを購入し、ウォレットをUniswapに接続してトランザクションを完了させることができます。

CoinMarketCapのSmurfsINU ($SMURF)と混同しないようご注意ください

$SMURFSトークンを購入する際には注意が必要です。CoinMarketCap上で類似のプロジェクトである$SMURF(Smurf INU)との混同が起きており、一部のユーザーが誤って間違ったトークンに投資してしまう可能性があります。

$SMURFSを購入する<<

今人気のミームコインを凌駕する

PEPEやBabyDogeは、今年初めにローンチされて以来、高い人気と価値を得てきました。しかし、Smurfs Coinはさらなる魅力的な提案を示し、投資家の注目を集めています。PEPEを売却して、Smurfs Coinに乗り換える可能性は大いにあるでしょう。

PEPEとBabyDogeは価格の成長に限界があると予想されますが、Smurfs Coinはまだローンチされて間もなく、長期的な成長の可能性を大いに期待できます。開発コアチームは、Smurfs Coinには固有の価値がなく、厳密なエンターテイメントコインとしてアプローチすべきであり、それに応じて投資家の期待に答えることを強調しています。

以下のメディアを今すぐチェック!

Website | Twitter | Discord

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー