詳細を見る

AIトークン、社会的センチメントが記録的な水準に達し、成長の兆し

5 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • AI分野の著しい発展により、AIに焦点を当てた暗号通貨トークンへの関心が急増している。
  • CoinMarketCapのデータによると、AIデジタル資産の取引量は過去1日で約80%急増した。
  • ブロックチェーン分析会社のサンティメントは、この関心の高まりがAIトークンの大幅な価格上昇をもたらす可能性があると述べた。
  • promo

ブロックチェーン分析会社Santimentは、人工知能(AI)に焦点を当てた暗号資産プロジェクトは、社会的関心の高まりによりトークン価格が上昇する可能性があると報告している。

CoinMarketCapのデータは、この記録的な関心の高さを裏付けている。AIセクターのデジタル資産の取引量は、同セクターの平均下落率7%にもかかわらず、過去1日で約80%上昇している。

何がAIトークンへの社会的関心を高めているのか?

コミュニティーの関心の高まりは、AIセクターにおける重要な進歩と一致している。特筆すべきは、エヌビディアが一時、時価総額が3兆ドルを突破し、世界で2番目に価値のある上場企業となったことだ。この間、ブルームバーグのETFアナリスト、エリック・バルチュナスは、エヌビディアの株価が記録的な取引水準に達し、しばしば上位20社の米国株の出来高の合計を上回ったと指摘して いる。

続きを読む2024年に買うべき人工知能関連株ベスト9

エヌビディアの株価パフォーマンス
エヌビディアの株価パフォーマンス出典X/エリック・バルチュナス

エヌビディアの株価はその後戻しているが、同社はAIに対する投資家の熱意の象徴であり続けている。ベンチャーキャピタリストのニック・カーターは最近、同社を「今日、世界で最も重要な企業」と評した。

「エヌビディアは、この規模の企業としてはほとんど考えられないような成長率を記録している。この上昇は非常に大きく、SP500の他の銘柄や他の大手ハイテク企業から資本を吸い上げているように見える」とカーター氏は付け加えた

もうひとつの注目すべき動きとして、AIスタートアップのコアウィーブ社が、ビットコイン・マイナーのコア・サイエンティフィック社を買収する野心的な試みを行ったこの取り決めの下、コア・サイエンティフィックはCoreWeaveのグラフィック・プロセッシング・ユニットに200メガワットの電力を供給する。

さらに、分散型AIプロジェクトのFetch.ai(FET)、Ocean Protocol(OCEAN)、SingularityNET(AGIX)は、Artificial Superintelligence Alliance(ASI)を設立するための合併を計画している。この合併は分散型AIインフラの開発を加速させることを目的としており、今月中に完了する予定だ。統合された組織は、推定時価総額約60億ドルのトークンを生み出し、コミュニティーの関心をさらに集めるだろう。

続きを読む2024年の人工知能(AI)暗号通貨トップ9

AIトークンの社会的センチメント
AIトークンの社会的感情ソースサンティメント

ハイライトされたイベントはそれぞれ別個のものですが、AIトークンがこの1週間で社会的なボリュームを高めた理由を強調しています。歴史的に、このような関心の高さは価格上昇に先行することが多く、暗号資産コミュニティの専門家は、AIに特化したプロジェクト・トークンが利益を得る可能性があると予測している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー