詳細を見る

アルトマン、孫氏ら率いる「AIデバイスブロジェクト」にアップル幹部が新加入=AGIは24年以降か

5 mins

ヘッドライン

  • サム・アルトマン氏が主導する「AIデバイスプロジェクト」に、アップル製品の開発を担当するタン・タンシニア・バイス・プレジデントの参加が決まった
  • アップルを離れる予定のタン氏がジョニー・アイヴ氏のデザイン会社LoveFromに参加し、新製品のデザインと機能開発に携わる
  • アルトマン氏はソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長とともに会社の立ち上げに向け協議をしている
  • promo

ブルームバーグの27日の報道によると、OpenAIのサム・アルトマンCEO主導の「AIデバイスプロジェクト」に、アップルのiPhoneおよびApple Watchの開発を担当するタン・タン上級副社長の参加が決まった。

複数の関係者によれば、アップルを離れる予定のタン氏がジョニー・アイヴ氏のデザイン会社LoveFromに参加し、新製品のデザインと機能開発に携わる。アルトマン氏はこのプロジェクトのソフトウェア基盤を提供する予定で、タン氏はLoveFromにて勤務しながらハードウェアエンジニアリングを率いるとのこと。

アルトマンCEOは19年、Appleを退社したアイヴ氏が設立したLoveFromに対しChatGPTを使った最初の消費者向けデバイスを開発するよう依頼したという。検討されているデバイスは、iPhoneが大衆市場にモバイルインターネットの革新をもたらしたように、AIとの対話を通じて「より自然で直感的な」ユーザー体験ができるデバイスの開発を目指しているという。

現在、検討中のプロジェクトには家庭用デバイスが含まれている。OpenAIは、LoveFromへの問い合わせに対する回答を求めたが、LoveFromはコメントを避けている。Appleも同様にコメントを控えている。

ソフトバンク孫会長も協議に参加

英フィナンシャル・タイムズは9月、同プロジェクトの動向を報じており、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とともに会社の立ち上げに向け協議をしているとされていた。AIのiPhoneに取り組んでいるとの報道をされたがアルトマン氏はこれを否定し、スマートフォン事業への参入ではないと表明していた。

孫氏は協議の一部に参加し、10億ドル以上を投資する方針だ。同氏らは、3社の人材や技術を結集したベンチャー企業の設立を検討している。孫氏は議論で、ソフトバンクが90%の持ち分を持つ英半導体設計大手Armに同プロジェクトの中心的な役割を果たすよう提案していた。アルトマンCEOと孫氏はこれまでも積極的に交流していることが報じられている

アルトマン氏、「24年内のAGIの実現は難しい」

アルトマンCEOは、OpenAIが24年に取り組むべき事項についてXで意見を募った。同氏は最初の2分間で多くのAGI(人工汎用知能)に関するリクエストを受けたことに驚きを示した一方で、24年内の実現は難しいと述べ、その点での期待を裏切ることを謝罪した。寄せられたリクエストの中で特に多かったのは、AGI、GPT-5、より高度な音声モード、OpenAIでのサインインなどである。また、より賢いGPTや推論能力の向上、ユーザーの目覚め度や行動に対する制御、ビデオ機能、パーソナライゼーション、ブラウジングの改善といった要望もあった。アルトマン氏はこれらのリクエストに対し、可能な限り多くを実現し、他にも多くの興味深いプロジェクトに取り組むと述べ、意見を継続的に読み、フィードバックに基づいて開発を進めるとの見解を示した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー