詳細を見る

エアドロップのサイズがトークン価格に与える影響は小さい、との調査結果

5 mins

ヘッドライン

  • 調査によると、一般に信じられているのとは逆に、エアドロップのサイズはトークン価格のパフォーマンスにほとんど影響を与えない。
  • 大規模な空売りが発生すると最初の売り圧力が生じ、短期間の急騰の後に価格が安定する。
  • 受給者のタイプやプロジェクトとの関わり方は、価格の動きに大きく影響する。
  • promo

最近の研究で、エアドロップの規模がトークン価格のパフォーマンスに与える影響は驚くほど限定的であることが明らかになった。

トークンの配布が大きければ、価格が大きく動くという通説がありますが、複数の研究結果からはそうではないことが示唆されています。

エアドロップの大きさが値動きに与える影響は小さい

エアドロップは、新しくミントされたトークンを選択されたウォレットに配布する方法であり、暗号通貨では一般的な慣行となっている。エアドロップはしばしば、初期フロートを確立し、オンチェーンガバナンスとパワートランザクションを可能にし、初期貢献者に報酬を与え、新規ユーザーを引き付けるのに役立つ。しかし、こうした分配がトークン価格に与える実際の影響については、依然として議論の的となっている。

時間の経過に伴う平均価格パフォーマンス
長期にわたる平均価格パフォーマンス。出典:6THMANベンチャーズ

40の異なるプロトコルで200万以上のイベントを分析した包括的な研究では、トークン配布の規模は価格のパフォーマンスやボラティリティに大きな影響を与えないことが判明した。

「予想される大規模なトークン配布イベントは、一般的に売り圧力を生み、しばらくすると下降して安定する」と研究結果は述べている。

続きを読む暗号資産エアドロップとは?

CoinGeckoによる別の研究はこの見解を支持しており、50の最も大きなトークン配布のうち23は、エアドロップの日から最初の2週間の間にトークン価格のピークを記録したと強調している。このような即時の関心は、しばしば価格の短期的な急上昇につながり、その後市場が調整するにつれて安定する。

トークン価格のパフォーマンスには、受け手のタイプが重要な役割を果たす。すでにプロトコルに関与しているコアユーザーへのエアドロップは、より良い価格パフォーマンスをもたらします。このようなユーザーはより多くのトークンを保有または購入する可能性が高く、ボラティリティの低下と価格の安定につながります。逆に、より広範なユーザーへの広範囲なエアドロップは、多くの場合、より即時の売り手となる。

「広範な受信者はトークンを売却する可能性が2倍高く、より高いボラティリティとより大幅な価格下落を引き起こした」とアナリストは指摘する。

続きを読む2024年に予定されている最高のエアドロップ

60日間のウォレット行動トークン分配分析。
60日間のウォレット行動トークン分布分析。出典:6THMANベンチャーズ

この戦略的なターゲティングは、トークンの価値を維持し、エアドロップ後の価格変動を抑えるのに役立ち、コミュニティの保持とエンゲージメントが強化されていることを示しています。例えば、コアユーザーへの少額のトークン配布は、他のカテゴリーに比べて4~8倍の購入者をもたらした。

結論として、エアドロップの規模はトークン価格にほとんど影響を与えない。その代わりに、受領者のタイプやプロジェクトとのエンゲージメントが価格ダイナミクスに大きく影響する。これらの発見は、より大きなエアドロップがより良いパフォーマンスにつながるという従来の信念を覆し、受信者の行動の重要性を強調している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー