詳細を見る

アルトコインの85%が歴史的な買いゾーンに

5 mins

ヘッドライン

  • アルトコインの85%以上が "歴史的チャンスゾーン "にある。
  • 注目すべき割安アルトコインには、DEGO、BEL、ZRXなどがある。
  • 投資家は購入前に徹底的な調査を行わなければならない。
  • promo

25日の暗号資産市場はほとんどのアルトコインが買いゾーンにあるという。

これは、有利なエントリー・ポイントを探している投資家にとって潜在的な機会となる。

ほとんどのアルトコインが買いゾーンに

時価総額対実現価値(MVRV)比率は、暗号通貨の時価総額とその実現時価総額を比較します。

時価総額は、流通しているすべてのコインの総額を指し、暗号資産の現在の価格にコインの総数を乗じて計算されます。一方、実現キャピタリゼーションは、暗号資産の各ユニットを最後に取引された価格で評価し、長期にわたって投資された資金のニュアンスを提供します。

この差別化は極めて重要である。時価総額は投機的な取引によって膨れ上がる可能性がありますが、実現資本は資産の真の価値を根拠に基づいて評価したものです。MVRVレシオが低いということは、暗号資産の価格が実際に投資された資本額に対して過小評価されている可能性があることを示しています。したがって、経験豊富な投資家にとっては潜在的な買いシグナルとなる。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

MVRVのチャンスゾーンと危険ゾーン
MVRのチャンスゾーンとデンジャーゾーン|出典:Santiment

ブロックチェーン分析プラットフォームSantimentによると、現在85%以上のアルトコインが “歴史的な機会ゾーン “に位置している。この評価は、様々な時間軸におけるウォレットの保有資産の総合的なリターンから計算されたMVRV比率に基づいています。

サンティメントは、「これらの時価総額がすべて下落した後、群衆から恐怖が浸透しつつある間に購入することは正当化されるかもしれない」と指摘した。

注目すべきアルトコイン

最も割安なアルトコインには、Dego Finance (DEGO)、Bella Protocol (BEL)、0x Protocol (ZRX)などがある。以下は注目すべきアルトコインの全リストであり、いずれも最新のデータによるとかなりの割安を示唆している。

資産MVRVレーション(30D)
デゴファイナンス (DEGO)-37.01%
ベラプロトコル (BEL)-31.69%
0x プロトコル (ZRX)-29.60%
リザーブ・ライツ (RSR)-29.02%
ダスク(DUSK)-28.18%
アイデックス (IDEX)-27.33%
フレックス・シェア(FXS)-26.37%
ギットコイン(GTC)-26.36%
オーディウス(AUDIO)-26.32%
エイプコイン(APE)-26.10%
スシスワップ(SUSHI)-24.77%
アドエクス(ADX)-24.31%
ヴィットダオ(VIDT) -23.94%
イーサニティ (ERN)-23.92%
クイックスワップ(QUICK)-23.80%
ベータファイナンス (BETA)-23.72%
リーグ・オブ・キングダムズ・アリーナ (LOKA)-23.60%
リニアファイナンス (LINA)-23.43%
クロミア (CHR)-23.24%
トレジャー (MAGIC)-23.21%
ビットコインキャッシュ(BCH)-22.11%
ストームエックス(STMX)-22.06%
スタファイ(FIS)-21.56%
シンセティクス (SNX)-20.87%
スーパーレア (RARE)-21.44%
アンプルフォース・ガバナンス・トークン(FORTH)-20.46%

投資家にとって、これはポートフォリオの分散を検討したり、より低リスクで新たなポジションに参入したりする重要なタイミングを意味する可能性がある。しかし、徹底的な調査が不可欠である。財務上の決断を下す前に、他の市場要因や個人的な投資目標を考慮する必要がある。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー