詳細を見る

アルトシーズン迫る ― データが示す、かつてないほどの接近

7 mins

ヘッドライン

  • アルトコインの時価総額が24時間で4.78%急増、1兆ドルに迫る一方でアルトコイン・シーズンへの思惑が広がる。
  • しかし、上位50アルトコインのうち、過去90日間にBTCを上回るパフォーマンスを示したのは6種類のみである。
  • アナリストは、ETHとSOLのスポットETFが価格上昇に寄与するとの予測を共有している。
  • promo

ここ数ヶ月、アルトコインの価格は30%から70%下落し、アナリストはアルトコインの季節が来る可能性を否定した。しかし、新たな情報を得たBeInCryptoは、状況が変わろうとしていることを発見した。

この分析では、潜在的なカタリストに関する洞察を提供しながら、この考えの背景にある理論的根拠を明らかにする。

初期段階だが兆候は現れている

アルトコインのシーズンは、非ビットコイン(BTC)暗号通貨がナンバーワンコインをアウトパフォームしながら、一貫した価値の急上昇を記録する市場段階にある。

この時期の指標として、BTCを除く暗号資産時価総額TOTAL2がある。この時価総額が増加すると、アルトコインの価格が上昇する可能性があることを意味する。

しかし、減少はビットコインが市場を支配していることを意味する。報道時点では、アルトコインの時価総額は9,403億7,000万ドルで、過去24時間で4.87%増加している。同じ時価総額は当初、6月6日から7月8日の間に23.26%減少していた。

アルトコイン暗号資産時価総額
BTCを除く暗号資産時価総額日足チャート:トレーディングビュー

指標値の上昇が続けば、アルトコインのシーズンが近づく。前回そのようなことがあったのは2月から3月にかけてでした。当時、TOTAL2の価値は1カ月で7538億3000万ドルから1兆2400億ドルになった。

最近の変化を受け、Xのアナリストたちはアルトコインの優位性を支持し、スタンスを変えているようだ。その一人が、MNトレーディングの創設者であるミカエル・ファン・デ・ポッペ氏だ。

「アルトコインの時価総額は、重要な高い時間枠のサポートレベルに到達し、ここでサポートを見つける。まだ週明け早々だが、今週もこの上昇トレンドが続けば、兆候は改善し始めるだろう」とvan de Poppe氏はXに見解を述べた。

ビットコインの優位性は後退、アルトコインに門戸を開く可能性

意見とは別に、アルトコインが輝く時が来たかどうかを決定するもう一つの要因は、ビットコインの優位性である。このサイクルが成立するためには、BTC.Dが減少しなければならない。

ビットコインの優位性
ビットコインの優位性週足チャート 出典:トレーディングビュー

週足チャートを採用すると、BTC.Dは2021年3月の62.69%から同年5月には40.89%まで低下したことが観察される。歴史を見ると、これは多くのアルトコインが最後の強気相場で史上最高値を記録したのと同じ時期である。

今週、優位性は55.04%から54.68%に低下しており、一部のアルトコインがBTCをアウトパフォームし始めたことを示している。

これが2021年に示されたパフォーマンスを反映するためには、上位50アルトコインの少なくとも75%がビットコインよりも良いパフォーマンスを示さなければならない。

Blockchaincenterのデータによると、ミームコインを含む数種類の暗号通貨のみがそれを達成している。その中には、Toncoin(TON)、Pepe(PEPE)、Kaspa(KAS)、Bonk(BONK)などが含まれる。

その結果、過去90日間のアルトコイン・シーズン指数は29にとどまっている。しかし、これは25であった数日前の数値から改善されている。

この指数が引き続き高値を更新すれば、アルトコインは史上最高値の再テストに近づき、その過程でBTCは後手に回ることになるだろう。

関連記事:アルトコインの投資シーズンを見極める方法

アルトコイン価格パフォーマンス
トップ50アルトコイン90日間のパフォーマンス:ブロックチェーンセンター

イーサリアム、ソラナの役割は重要

さらに、イーサリアム(ETH)が常にアルトコインの優位性を育む触媒として機能してきたことも重要だ。

ここ数カ月、ETHはBTCと比較してアンダーパフォームした。しかし、イーサリアムETFのスポット承認が間近に迫っており、ETHの価値の顕著な上昇に拍車がかかる可能性がある。

その場合、他のアルトコインも上昇に加わる可能性がある。Capo of Cryptoの場合、ETH ETFのアップデートと、VanEckと21SharesによるSolana ETFの正式な申請が、アナリストがアルトコインに強気な理由である。

“ドイツ政府からの売り圧力は吸収されつつある。VanEckと21Sharesは、スポットソラナETFの19b-4を正式に申請しました。私は今後数週間、特にアルトコインに対して強気だ。”と暗号資産Capoは書いている。

上記の分析と市場センチメントから、アルトコインは大きなパンプを控えているように見える。しかし、トレーダーは目を光らせる必要がある。

売り圧力が再び市場を襲えば、引き上げが無効になる可能性がある。また、イーサリアムがETFに印象的な資金流入を受けなければ、暗号通貨はジャンプするのに苦労するかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

img_3173.jpg
Victor Olanrewaju
ビクター・オランレワジュ(Victor Olanrewaju)はBeInCryptoのテクニカル・アナリスト兼オンチェーン・アナリストで、同氏は一般に暗号クジラとして知られる中・大規模投資家の活動を監視し、ビットコイン、Solana、XRP、Cardano、Toncoinなどのアルトコイン、Dogecoin、Shiba Inu、Pepeなどのミームコインなど、多様な暗号通貨の投資動向を探知している。さらに同氏は、Tap-to-Earnゲーム、AIトークン、リアルワールドアセット(RWA)などの新たなトレンドもカバーしている。BeInCrypto入社以前は、AMBCryptoとCoin Editionでアルトコインの市場分析と技術評価を行い、暗号通貨投資家の行動とセンチメントを包括的に把握するためにオンチェーン分析ツールを採用した。同氏はイバダダン大学で物理学の学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー