詳細を見る

テイト氏の発言からインサイダーがDADDYミームコインを売却

5 mins

ヘッドライン

  • アンドリュー・テイトが4億枚のDADDYミームコインを燃やし、供給量を減らし、暗号資産コミュニティの反応に火をつける。
  • ダディの市場流動性は250万ドルで、インサイダーはSOLで174万ドルで1,514万コインを売却した。
  • インサイダーはダディーの供給量の大部分を所有しており、テイトの時価総額が10億ドルと主張する中、市場を不安定にする可能性がある。
  • promo

アンドリュー・テイトの最新事業であるダディ・テイト(DADDY)ミームコインは大きな注目を集めている。最近、テイトは4億枚以上のDADDYコインを燃やすという注目を集める行動に出た。

この動きは表向きには供給量を減らし、暗号資産コミュニティ内で様々な反応を巻き起こした。

アンドリュー・テイト、1億1400万ドル相当のDADDYミームコインを焼却

テイトがライブストリームで「伝説的」かつ「世界を変える出来事」と表現した劇的なジェスチャーにもかかわらず、実際の市場への影響は微妙だ。燃やされたコインの価値は約1億1400万ドルだったが、この数字は主に紙面上のものだ。

市場におけるDADDYの流動性はわずか250万ドルである。そのため、もしテイトがこれらのミームコインを焼却する代わりに売却しようとしていたら、その結果、その価値は大幅に低下していた可能性がある。

注目すべきことに、テイトはX(ツイッター)への投稿で、同氏がDADDYの時価総額が10億ドルに達することを想定していることをほのめかしている。DEX Screenerのデータによると、現在の時価総額は約1億6500万ドルだ。この大胆な主張は、最近のインサイダー活動とは対照的で、不安定な市場の動きを引き起こす可能性がある。

続きを読む2024年にトレンドとなる7つのホットなミームコインとアルトコイン

DADDY 価格パフォーマンス
DADDYの価格パフォーマンス。ソースDEXスクリーナー

注目のオンチェーン分析プラットフォームであるLookonchainによると、あるインサイダー取引では、1514万枚のDADDYミームコインが約174万ドルで売却され、Solana(SOL)で実現しました。このインサイダーは当初、3つの異なるウォレットを活用し、わずか1,950ドルで2,980万DADDYを取得した。

“同氏には現在1470万DADDYが残っており、280万ドルの価値がある。彼の総利益は560万ドルで、2,875倍の利益です」とLookonchainは述べている。

さらに、別のブロックチェーンデータ分析会社であるBubblemapsは、DADDYのローンチ前後の疑わしい取引パターンを検出することで、状況を照らし出した。Tateのプロモーション活動の前に、インサイダーがDADDYの総供給量の30%を取得したと報告されている。

これらのウォレットはバイナンスを通じて資金を調達しており、決定的な関連性は確認できなかったが、同期した活動は協調的な行動を示唆している。これらのウォレットのいずれかによる売却は、DADDYの流動性と市場全体の安定性に大きな影響を与える可能性があるため、このような作戦の意味合いは相当なものである。

続きを読む暗号資産詐欺プロジェクト:偽トークンを見分ける方法

アンドリュー・テイト氏は、暗号資産における論争を知らないわけではなく、Real Nigger Tate (RNT)やTOPGなどのミームコインにも関連している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー