詳細を見る

暗号資産普及でエルサルバドルとのビットコイン協業を模索=アルゼンチン

4 mins

ヘッドライン

  • アルゼンチンのCNVはエルサルバドルのCNADと会談し、ビットコイン規制の協力を模索した。
  • アルゼンチン、経済的課題の中で暗号資産導入が増加、ステーブルコインが通貨規制を緩和。
  • CNVの関係者は、エルサルバドルのビットコインの進歩を賞賛し、協力協定を検討した。
  • promo

アルゼンチン国家証券委員会(CNV)は27日、同国がビットコイン導入に関してエルサルバドルと協力することを検討していることを確認した。これは、先週行われたアルゼンチンとサルバドルの規制当局間の重要な会合に続くもの。

アルゼンチンのCNVの当局者は、エルサルバドルの国家デジタル資産委員会(CNAD)のトップであるJuan Carlos Reyes氏と会談し、エルサルバドルのビットコイン規制戦略について議論した。

エルサルバドルの経験から学ぶ

ロベルト・シルバ大統領とパトリシア・ボエド副大統領を含むCNVの高官がエルサルバドルを訪問した。大統領は、アルゼンチンの積極的な学習姿勢を強調し、エルサルバドルの協力協定締結の進展を称賛した。

「エルサルバドルは、ビットコインの使用と暗号資産の広い世界における主要国として浮上している。我々はエルサルバドルとの関係を強化したい。エルサルバドル政府と協力協定を結ぶことを検討する」とシルバ氏は述べた。

CNVの努力は、アルゼンチンのビットコインコミュニティを安心させる可能性がある。ハビエル・ミレイ大統領の親ビットコイン姿勢にもかかわらず、ブエノスアイレスはIMFからの暗号資産取引所規制の圧力に直面している。

同国は高インフレや通貨安など厳しい経済課題に直面しており、ビットコイン取引に拍車をかけている。暗号資産の導入は2017年以降増加しており、多くの人が日常的な取引に利用している。また、同国では、経済的課題に対する革新的なソリューションを提供する暗号スタートアップも増加している。

取引所で法定通貨で最も購入されている暗号通貨。
取引所で法定通貨別に最も購入されている暗号通貨|出典:チェーン分析

厳しい通貨規制により、ステーブルコインの利用が急増している。これらのデジタル資産は、通貨規制に対するヘッジを提供する。Bitsoのレポートによると、アルゼンチンにおける暗号資産取引量の60%はUSDTやUSDCのようなステーブルコインによるものだという。

エルサルバドルはナイブ・ブケレ大統領の下、世界で初めてビットコインを法定通貨として採用した。ブケレ大統領のイニシアチブは同国の経済を大きく押し上げた。BTCの採用により、エルサルバドルの人気観光地に世界的な観光客が集まるようになった。さらに、同国は毎日この資産を購入し、火山発電のエネルギーを使って採掘している。

アルゼンチンとエルサルバドルの協力の可能性は、暗号資産に対するアルゼンチンのアプローチの変化を示すものかもしれない。国民の間で暗号資産が大幅に普及していることから、この動きはより規制された安全な環境への道を開くかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー