詳細を見る

オンチェーン分析Arkham、バイナンス・ローンチパッドに登場=無料配布も

5 mins

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは11日、バイナンス・ローンチパッドの第32番目のプロジェクトとして、Arkham(ARKM)のトークンセールを開始した。同プロジェクトは、エアドロップの開催や18日のオンチェーンデータ取引プラットフォームのローンチも明かしている。

バイナンス・ローンチパッドとは、新興プロジェクトの仮想通貨を取引開始前に購入できるIEOプログラム。同プログラムではこれまでポリゴン(MATIC)やエルトンド(EGLD)などを取り扱ってきた。
なお、バイナンスは、8月1日以降、日本居住ユーザー向けに新サービス「バイナンス・ジャパン」を提供するが、これに伴い、グローバル版バイナンスは日本向けサービスを終了予定。

  • IEOとは、Initial Exchange Offering(イニシャルエクスチェンジオファリング)の略称です。IEOは、仮想通貨取引所が行う新規トークンの公開販売(トークンセール)の一形態のこと。

ローンチパッドの詳細は以下の通り

  • トークン名: Arkham (ARKM)
  • ローンチパッド上限: 2,500,000ドル
  • ユーザーごとの上限: 15,000 USD (300,000 ARKM)
  • Binance Launchpadに割り当てられたトークンの総数: 50,000,000 ARKM(総トークン供給量の5%)
  • 公開セールトークン価格:1 ARKM = 0.05ドル(BNB価格は購読前に決定)

購入手順は、11日から17日の準備期間にユーザーのBNB残高を時間スナップショットで計算され、17日午後3時から18日午後3時がサブスクリプション期間となる。参加ユーザーはトークン配布までBNBのロックが必要で、他の機能は使用不可。18日午後3時からトークン配布の計算が始まり、午後4時にARKMとBNBがユーザーのウォレットに送られる。

Arkhamは18日、世界初のオンチェーン・インテリジェンス取引所「Arkham Intel Exchange」をローンチする。取引所では、匿名でスマートコントラクトからの情報が取引される。早期ユーザーへのエアドロップの開催も発表している。

Arkhamでは11日、参照リンクからメールアドレスの漏洩が発生。そのため、リンク先への移動には注意が必要だ。

Arkham(ARKM)とは?

Arkhamとは米仮想通貨分析会社Arkham Intelligenceが提供するオンチェーンデータプロバイダーサービス。ブロックチェーン活動の背後にいる人々や企業、彼らの行動についてのデータと分析をユーザーに提供する。ARKMトークンはArkhamエコシステムでの取引に使用される。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー