詳細を見る

170万ドルの暗号資産ハッキングに関与した攻撃者が交渉を希望

4 mins

ヘッドライン

  • Goledo Financeは170万ドルの暗号資産強奪に遭い、犯人は盗まれた資産の返還交渉に応じる意向を表明した。
  • ゴレド・ファイナンス社との直接のやりとりを含むこのハッカーのアプローチは、攻撃者が被害者との対話を求める傾向を示している。
  • ゴレドファイナンスはシステムの安全確保に迅速に対応し、取引所と協力してハッカーの口座を凍結し、報奨金を提供した。
  • promo

Goledo Financeを標的とした170万ドルの暗号資産ハッキングに関与した人物が28日、交渉に興味を示している。

この予想外の展開は、サイバー攻撃者が被害者との対話を求める最近の傾向に続くものである。

暗号資産ハッカーは交渉に前向き

Goledo Financeは、Conflux eSpace上に構築された貸し借り市場の侵害を認めた。同社は貸し出しプールの不正を報告し、速やかに一時停止して、これ以上の悪用が起こらないようにした。同社の対応は迅速かつ透明性が高く、ユーザーの信頼を維持しようとするものだった。

身元不明の攻撃者は、Goledo Financeに直接連絡した。「私はゴレドをハッキングし、20240128と交渉したい」とメッセージには書かれていた。しかし、サイバー犯罪においてこのような直接的なアプローチは珍しく、前代未聞のことであり、ハッカーが脆弱性を発見した際に報酬を欲しがることを強調している。

続きを読むDeFiレンディング・プロトコルにおけるリスクの特定と探索

声明の中で、Goledo Financeは暗号資産ハッカーと接触し、積極的な交渉を行っていることを確認した。DeFiプロジェクトは明確な姿勢を示し、盗まれたすべてのトークンをプロトコルに戻すよう要求した。さらに、盗まれた資産の全額返還を条件とする報奨金まで提供した。

「我々は盗まれた全てのトークンをプロトコルに返還することを要求する。全額を受け取り次第、我々はホワイトハット報酬を発行し、法的措置は取らない」とメッセージには書かれていた。

さらに、Goledo Financeは中央集権的な取引所パートナーと協力し、ハッカーのアカウントを凍結している。地元当局と協力し、DeFiプロトコルは凍結された資金の回収を目指している。

Goledo Finance Price Performance
ゴレドファイナンスの価格パフォーマンス|出典:コインマーケットキャップ

透明性、迅速な行動、オープンなコミュニケーションを優先したGoledo Financeの状況対応は、危機管理に対する成熟したアプローチを反映している。それでも、Goledo Financeのネイティブ・トークンであるGOLの価値は35%も急落しており、ハッカーが盗んだ暗号資産を返却するかどうかは不透明なままだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー