詳細を見る

あと3日:VanEckのSpot Bitcoin ETF、オーストラリア市場でデビュー予定

5 mins

ヘッドライン

  • VanEckのビットコインETFが6月20日からオーストラリアのASXでデビュー、ビットコインに直接投資するのは初めて。
  • オーストラリアは米国と香港に続いてビットコインETFを立ち上げ、米国のETFは570億ドルを集めた。
  • ETFの動向にもかかわらず、ビットコインは66,000ドル以下で苦戦し、市場のボラティリティで1億3,000万ドルが清算された。
  • promo

オーストラリアは暗号資産市場の重要な発展のために準備を進めている。VanEck Bitcoin ETFは6月20日にオーストラリア証券取引所(ASX)で取引を開始する。

オーストラリアの主要株式市場は、ビットコインに直接投資する上場投資信託(ETF)を初めて上場させた。

オーストラリアのETF開発にもかかわらずビットコインは苦戦

オーストラリアで株式取引の大部分を扱うASXは、VanEckが現在承認を受けた唯一の申請者であることを確認した。しかし、他の潜在的な発行者との話し合いは継続中である。

「VanEckのアジア太平洋地域CEOであるArian Neiron氏は「暗号資産投資が両極端なトピックであるにもかかわらず、ビットコインは多くのアドバイザーや投資家がアクセスしたいと考えている新興の資産クラスであると認識しています。

暗号資産コミュニティは、今年初めに同様の商品が発売された米国と香港に続き、オーストラリアがこの市場に参入することを大いに期待している。米国でのビットコインETFのデビューは大きな注目を集め、570億ドルを集めた。一方、SoSo Valueのデータによると、香港のスポット型ビットコインETFは10億9000万ドルという控えめな資産しか集めていない。

BeInCryptoとのインタビューで、Bitgetのカントリー・マネージャーであるジェイミー・エルカレ氏は、オーストラリアは金融商品にとってより歓迎される市場であると述べた。

「米国、英国、香港は現在、関連商品を承認しており、オーストラリアがいかに未来志向であるかを示している。オーストラリアの市場規模は米国と比較すると見劣りするかもしれませんが、欧米の大手企業よりも先に資本市場でビットコインを受け入れたことは、現在の業界を一般的に形成している前例となりました」とElkaleh氏はBeInCryptoに語った。

続きを読むビットコインETFの取引方法:段階的アプローチ

香港ビットコインETFのデータ
香港ビットコインETFのデータ。ソースSoSoValue

シドニーに拠点を置くBetaShares HoldingsとDigitalXを含む他のオーストラリアの企業も、ASXへの上場を準備している。BetaSharesの広報担当者は、同社が近い将来ビットコインとイーサリアムのスポットファンドをローンチするために熱心に取り組んでいることを確認した。

アナリストはビットコインと金を比較し、暗号資産が価値貯蔵とインフレヘッジの役割を果たすことを挙げている。この視点は、2004年の金ETFの立ち上げなど、金価格の約8年間の強気相場に先立つ歴史的な傾向によって裏付けられている。

以前、同国の二次取引所であるCBOEオーストラリアは、ビットコインETFを上場させ、さまざまな成功を収めた。これらのファンドがメインの取引所でどのようなパフォーマンスを示すかは未知数だ。

ポジティブな展開にもかかわらず、ビットコインを含む暗号資産市場全体は大きな変動に見舞われている。ビットコインは現在66,000ドル以下で取引されており、3月のピークを取り戻すのに苦労している。

続きを読むビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ビットコイン価格パフォーマンス
ビットコイン価格のパフォーマンスソースBeInCrypto

Coinglassのデータによると、過去24時間で、市場の変動は1億3000万ドル以上の清算をもたらした。これにはロングポジションから9800万ドル、ショートから3200万ドルが含まれている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー