詳細を見る

Bakkt、暗号資産回復にもかかわらず戦略的売却または解散を検討

4 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • Bakktは暗号資産業界の復活にもかかわらず、売却または解散の選択肢を模索。
  • 3月、ニューヨーク証券取引所の上場廃止リスクの中、アンディ・メイン氏をCEOに任命。
  • 財務上の課題と第1四半期の損失は、Bakktに戦略的な道を評価させる可能性がある。
  • promo

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社が立ち上げた暗号資産取引・保管プラットフォームのBakkt Holdings Inc.が、売却または解散の可能性を探っていると報じられている。

この検討は、暗号資産関連の買収活動が急増する中で浮上した。

Bakktの財務健全性と将来性の評価

同社は財務アドバイザーを雇い、解散の可能性を含む様々な戦略的道筋を評価している。しかし、最終的な決定はまだ下しておらず、Bakktは独立を維持する可能性がある。Bakktの代理人はこの件に関するコメントを拒否した。

今回の進展は、Bakktの大幅なリーダー交代に続くものだ。3月、Bakktは上場要件を満たせずニューヨーク証券取引所から上場廃止になるリスクに直面する中、新しいCEOと社長を任命した。

続きを読む2024年に注目すべき最もホットな7つのブロックチェーン銘柄

2021年のBakkt上場以来の取締役であるアンディ・メイン氏がギャビン・マイケル氏の後を継いだ。マイケルは他の機会を追求するために退任したが、2025年3月まで顧問を務める。

「アンディは、機関投資家向け暗号資産機能の拡大、顧客基盤の拡大、国際的な事業拡大、調整後EBITDAのブレークイーブン達成に重点を置き、この変曲点から会社を前進させる専門知識を有しています」とマイケル氏は述べた

2月、Bakktは流動性難に直面し、米証券取引委員会(SEC)に3年間で最大1億5000万ドルの増資許可を求めた。また、業績改善のために株式併合を計画している。Bakktは機関投資家向けの第三者割当増資で4000万ドルを調達し、さらに1000万ドルを追加して資本を増強した。

こうした努力にもかかわらず、Bakktの第1四半期の損失は1株当たり1.86ドルで、予想の2.08ドルを上回った。同社の第1四半期の売上高は8億5500万ドルで、2100万ドルの損失を計上した。このような財務上の課題は、Bakkt社にとって戦略的選択肢を検討することが急務であることを浮き彫りにしている。

続きを読む2024年に上場(IPO)するかもしれない暗号資産企業トップ5

Bakktの2024年第1四半期の業績報告。
Bakktの2024年第1四半期の業績報告。出典Bakkt社

Bakktが売却や解散を検討するという決断を下したのは、2022年に暗号資産が広範囲に低迷した状態から回復し、事業を拡大する企業が現れたためだ。マルチアセット取引プラットフォームのRobinhoodは最近、欧州の暗号資産取引所Bitstampの買収を発表した。さらに、暗号資産採掘業者のRiot Platformsは、ライバルのBitfarmsの買収を提案した。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー