詳細を見る

バイナンス、カウンターパーティ・リスクの高まりに対応:スイス銀行とのカストディを提供

5 mins

ヘッドライン

  • バイナンスは、大規模なトレーダーがシグナムやフローバンクのような独立した銀行に資産を保管できるようにする。
  • 米国の規制当局はバイナンスに43億ドルの罰金を科し、顧客の資産保管のシフトにつながった。
  • シグナム・バンクはこのほど4,000万ドルの資金を調達し、より幅広い顧客層を惹きつける能力を高めた。
  • promo

暗号資産取引所大手のバイナンスは、カウンターパーティ・リスクに対する懸念の高まりを受けて、新たな方針を打ち出している。同取引所はスイスの銀行機関の安定性と安全性を採用し、より著名なトレーダーの要求に応える動きを見せている。

これは、グローバルな暗号資産規制への再編と適応を進めてきたバイナンスにとって、正しい方向への一歩となるかもしれない。

バイナンス、銀行カストディでカウンターパーティ・リスクに対処

このピボットにより、一部のトレーダーはSygnum BankやFlow Bankといった有名なスイスの銀行に資産を預けることができるようになった。これは、バイナンスが取引所に直接資産を保管するか、専属の機関投資家向けカストディ・パートナーであるCeffuに資産を保管するよう顧客に制限していた以前の取り決めとは異なる。

最近のFTのレポートによると、ある暗号資産ヘッジファンド・マネージャーは、規制された機関を利用する方が良いと思うと述べている:

「Binanceよりもスイスの銀行に資金を預けたい」。

続きを読むバイナンス・レビュー2024:あなたに適した暗号資産取引所ですか?

カストディアル・プロセスに独立銀行が含まれることは、より規制された安全な銀行オプションを求めるトレーダーの嗜好に直接応えるものである。これは特に、90億ドルの資金を失ったFTXの2022年の破綻後に当てはまる。

バイナンス自体は、デリバティブ取引違反でCFTCから27億ドルもの巨額の罰金を科され、薄氷を踏む思いだ。同取引所の前CEOであるChangpeng ‘CZ’ Zhao氏は現在も規制当局との争いに巻き込まれている。裁判所は2月に彼の判決を下す予定だ。

シグナム銀行の成長

バイナンスのカウンターパーティ・カストディアンの1つであるシグナム銀行は、最近資金調達ラウンドを成功させ、4000万ドルを集めた。この資金注入により、シグナムの事業拡大とイノベーションが強化され、洗練された規制商品とサービスが提供されることになる。

プレスリリースには、資金使途の詳細が記載されている:

“この資金調達ラウンドからの収益は、新しい市場へのSygnumの地理的な範囲を拡大し、現在世界的に15以上の銀行や金融機関の暗号提供の原動力となっているB2B(銀行間)プラットフォームなどのSygnumの完全に規制された製品の開発を加速するために使用されます。”

続きを読む2024年、バイナンスに代わる7つのベスト

同行の成長と安全な暗号資産ソリューションへの注力は、より規制された取引エコシステムに向かう市場の方向性とも一致している。

Binanceの戦略とSygnum Bankの成長は、より多くの規制、機関の関与、セキュリティに向かう暗号資産の傾向を反映している。全体として、これらの動きは、顧客保護、コンプライアンス、安定性を優先する市場の成熟を示唆している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

kyle-baird.png
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー