詳細を見る

Binanceがトークン上場を再定義:市場懸念の中、真剣なプロジェクトを優遇する狙い

5 mins

ヘッドライン

  • バイナンス、健全な市場を目指し、質の高いトークンプロジェクトを支援するプロジェクト申請プランを開始。
  • バイナンスは中小規模のプロジェクトを対象としており、流動性よりも持続可能性とユーザーの利益を重視している。
  • バイナンスの戦略は、高いバリュエーションと低い供給に対する懸念に対処し、市場動向の再構築を目指す。
  • promo

バイナンスは、暗号資産上場のためのプロジェクト申請計画を発表した。Binanceは、トークンが高い評価で発行され、イニシャルフロートが低いというパターンがあることを認めた。

バイナンスは、高評価で低供給のトークンの台頭はトレーダーにとって「メリットが少ない」ため、コミュニティには懸念があると指摘した。この傾向は今後数年で減少することはなく、むしろその逆であると考えている。

Binanceはトークンの上場において「真剣なプロジェクト」のみを許可する。

暗号資産取引所Binanceは、流動性を求める企業だけでなく、ユーザーの利益を第一に考える「健全で持続可能な」市場の設計を支援することを約束した。

バイナンスのメガドロップは、取引所のコイン獲得商品とweb3ウォレットを統合したトークン発行プラットフォームである。これによりユーザーは、web3プロジェクトがまだバイナンスでローンチされていなくても、アーリーアダプターになることができる。

一方、Binance Launchpadは、既存のブロックチェーンのための意欲的なプロジェクトをサポートするプラットフォームであり、暗号通貨クラウドファンディング分野のパラダイムシフトを引き起こす。

続きを読む暗号資産を作成してDEXに上場する方法

暗号資産取引所は、希薄な評価と低い生成モデルを持つ一部のエアドロップは、潜在的な投資家やプロジェクトに忠実なメンバーに影響を与え、「巨大な」有利な圧力を発生させるため、有害であると非難した。バイナンスは “その傾向を再構築する “と約束した。

同取引所は、2024年から2030年の間に1550億ドルのトークンがロック解除され、相当量のトークンが市場に参入するため「売り圧力」が生じると推定している。

「バイナンスはユーザーの利益を守りつつ、ユーザーに価値を提供することを約束します。中小規模の暗号資産プロジェクトを支援することは、一部のセクターから観測されている市場リスクを軽減する方法の一つです」と声明で説明した。

バイナンスは、評価(中小企業)、事業、製品によって業界のプロジェクトに資金を提供することを目指しています。さらに、財団(社会的コミットメントとコミュニティ)、規制とコンプライアンス。

Binanceトークン上場実績。
バイナンスのトークン上場実績。出典X/TradeTheFlow

続きを読む暗号通貨コイン対トークン:その違いは?

研究者は、Binanceに上場されているトークンの80%以上が過去6ヶ月で価値を失っていると指摘した。上場している31のトークンのうち、エアドロップ以来価格が上昇しているのは5つだけである。これらのトークン-ORDI、Jupiter (JUP)、Dogwifhat(WIF)、Jito(JTO)、Memecoin(MEME)は、ミームコイン、または大きなベンチャーキャピタルの後ろ盾のないプロジェクトである。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー