詳細を見る

バイナンス、資産確認のトークンを新たに追加

4 mins
記事 Harsh Notariya

ヘッドライン

  • バイナンスは、プルーフ・オブ・リザーブに11の新トークンを追加
  • プルーフ・オブ・リザーブ合計は630億ドルに
  • 暗号資産コミュニティは監査報告を要求
  • promo

バイナンスは、同社のプルーフ・オブ・リザーブPOR:第三者による保有資産確認)レポートに11トークンを追加した。これについて、暗号資産コミュニティは監査を要求している。

チャンポン・ジャオ氏が率いるバイナンスのPORレポートには、11の新しいトークンが追加され、現在24の暗号資産が表示されている。追加トークンは以下の通リ:Mask Network (MASK)、Enjin coin (ENJ)、WazirX token (WRX)、The Graph (GRT)、Chromia (CHR), Curve Token (CRV), 1Inch Network (1INCH), PowerPool (CVP), Hashflow (HFT), SSV Network (SSV), Dogecoin (DOGE).

3月7日(現地時間)の発表で、バイナンスは630億ドル以上に相当するこれまでに最大のPORに達したことを誇示している。これに対し、暗号資産コミュニティはPORだけでは十分でないとみている。

バイナンスのPOR更新には監査がともなわず

バイナンスのPORを見ると、同社の暗号資産は最低100%の準備金に裏付けられており、最も高い準備金率はUSDCの5490.55%となっている。

今年2月、バイナンスは検証中のユーザーのプライバシーを改善するために、ゼットケー・スナーク(ZK-SNARKs:ゼロ知識証明の応用型)を導入した。さらに、他の取引所による同機能採用の支援のために、コードをオープンソース化した。

しかし、(会社の)透明性を確保するためにはPOR以上の情報が必要であるため、暗号資産コミュニティは監査報告を要求している。監査については、バイナンスのアジア太平洋地域チーフのレオン・フォン(Leon Foong)氏は、会計事務所は暗号資産を専門領域としていないため、「より長い時間がかかる」と説明している。

監査法人Mazarsは、論議を呼ぶレポートを発表した後、バイナンスを見放した。さらに、会計事務所のビッグ4-デロイト、アーンスト・アンド・ヤング、KPMG、プライスウォーターハウスクーパースは、バイナンスとの協調を避けている。対照的に、デロイトはコインベースの財務報告の監査を続けている。

この記事について、またはその他ご質問などございましたらメール、またはTikTokFacebookTwitterからお気軽にお問い合わせください。

BeInCrypto)の最新のビットコイン(BTC)分析は、こちら=>ここをクリック

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー