詳細を見る

バイナンス、ChatGPT搭載チャットボット「Binance Sensei」を開始

2 mins

最大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンスは24日、ChatGPT搭載チャットボット「バイナンス・センセイ(Binance Sensei」を導入した。バイナンス・センセイにはOpenAI社が開発したAIツール「ChatGPT」を搭載。バイナンスの学習プラットフォーム「バイナンス・アカデミー(Binance Academy)」においてサービス提供が開始された。

公式発表によると、バイナンス・センセイは、1,000記事を超えるバイナンス・アカデミーの全コンテンツおよび用語集で訓練されている。バイナンス・センセイを活用することで、ユーザーはより直感的に、必要な情報へのアクセスが可能となった。

なお、バイナンス・センセイの回答は、ChatGPTと同様、全てが正確である保証はないとしている。現時点では英語にのみ対応しているが、今後は多言語対応となる予定。

バイナンス・センセイの利用方法は以下の通り。

  • バイナンス・アカデミーの公式サイトにアクセス
  • 画面右下に表示されるバイナンス・センセイのチャットアイコンをクリック
  • 表示されるチャットウィンドウに質問を入力すると、AIが150字程度で回答してくれる
  • 質問に関連したバイナンス・アカデミー内のコンテンツ記事も表示してくれる
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー