詳細を見る

バイナンスのユーザー数が2億人を突破、10億人達成を目指す=テンCEO

5 mins

ヘッドライン

  • 世界最大の暗号通貨取引所バイナンスの登録ユーザー数が2億人を突破した。
  • リチャード・テン最高経営責任者(CEO)は、このマイルストーンは暗号通貨の世界的な急速な普及を浮き彫りにしていると述べた。
  • 注目すべきは、暗号資産取引プラットフォームが、中央集権的な取引所の中でも流動性でリードしていることだ。
  • promo

取引高で世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスは8日、登録ユーザー数2億人という大きな節目を迎えた。

同日発表されたこの偉業は、プラットフォームの立ち上げから約7年での達成となる。バイナンスは現在、世界の暗号通貨ユーザーベースの約36%を占めており、トリプルAリサーチでは5億6200万人と推定されている。

バイナンスは最も人口の多い10カ国にランクされる

もしバイナンスが国だとすると、バングラデシュ、ロシア、メキシコといった国々を抑え、8番目に人口が多い国にランク されるだろう。リチャード・テン最高経営責任者(CEO)は、この成功はコミュニティのおかげであるとし、10億人のユーザーを達成するための継続的な旅を強調した。

「この成果はバイナンスだけのものではなく、無数の人々の生活に力を与える暗号資産の急速な普及を反映したものであり、私たちはこの変革的テクノロジーの最前線にいます。しかし、私たちの仕事はまだ終わっていません。10億人のユーザーに到達する道のりは、挑戦であると同時に、私たちが熱望しているチャンスでもあります」とテング氏は付け加えた

注目すべきことに、このマイルストーンは、取引所の預かり資産が1000億ドルを超えてから3ヵ月も経たないうちに達成された。当時、同取引所は、デジタル資産価格の継続的な上昇により、管理下にあるユーザー資産の価値が大幅に増加したと説明している。

バイナンスの流動性ランキング
バイナンスの流動性ランキング 出典:Kaiko

並行して、バイナンスは43の中央集権型取引所の中で流動性のリーダーとして認識されている。Kaikoはバイナンスの取引量、取引量貢献度、市場深度における優位性を強調し、Bybit、Coinbase、Upbitのような競合他社を抑えているとしている。同社はまた、同取引所の平均取引高が7,730億ドルで、Upbitの1,100億ドルを大きく上回っていることを指摘した。

「43の取引所の流動性ランキングを見ると、世界最大の取引所であるバイナンスがリードしているのは意外なことだ。しかし、ガバナンス・スコアなどの追加要素を考慮すると、バイナンスはコインベースとビットスタンプに次いで3位であり、上位の競合他社と比較すると見劣りする」と開高氏は述べる

こうした実績にもかかわらず、バイナンスは世界的に大きな法的課題に直面している。昨年11月、同取引所は複数の金融法違反を認めた後、米国で記録的な43億ドルの罰金に合意した。和解の一環として、創業者で前CEOのチャンポン・ジャオ氏は退任し、5000万ドルの罰金を支払った。同氏は現在、カリフォルニア州で4カ月の刑に服している。

ヨーロッパでは、バイナンスはオーストリア、オランダ、キプロスなどの市場から撤退し、ドイツではライセンス申請を取り下げた。さらに、同取引所はナイジェリアでマネーロンダリングと脱税の容疑に直面しており、幹部のティグラン・ガンバーリャン受刑者は現在収監されている

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー