詳細を見る

バイナンス、マルチアセット・モードにおけるXRPサポートを一時停止

3 mins

ヘッドライン

  • バイナンス、マルチアセットにおけるXRPとTUSDのサポートを終了へ。
  • SECとリップル社との係争に関連した決定。
  • 変更は5月28日以降に適用され、USDTに変換される。
  • promo

暗号資産取引所最大手バイナンスは、5月28日よりXRPとTUSD(TrueUSD)のマルチアセットモードのサポートを停止する。

同社の発表は、リップル社と米国証券取引委員会(SEC)との間の法廷闘争の最中だった。

バイナンス、マルチアセットモードのXRPを停止

Binanceは5月28日にマルチアセットモードにおける証拠金資産としてのXRPとTUSDのサポートを停止し、XRPとTUSDをUSDTに自動的に変換する。

バイナンスのUSDT証拠金取引とUSDC証拠金取引先物取引は、マルチアセットモード機能を使用して、証拠金資産として使用されるさまざまなコインで先物契約の取引を可能にしています。XRPがこのリストから削除されたことを受け、同社は現在、潜在的な損失を避けるためにポジションを評価するようユーザーに促している。

「2024-05-28 06:00(UTC)以降、USDⓈ-M先物ウォレットに残っているXRPとTUSDの残高は、約24時間以内に下記の比率で自動的にUSDTに変換されます」とBinanceは述べている。

この発表を受けて、リップルのネイティブトークンであるXRPは0.5112ドルから0.5045ドルに下落した。しかし、これはその取引量には影響せず、5.11%増の9億8730万ドルとなった。

関連記事:リップル(XRP)価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

XRPの価格パフォーマンス
XRP価格のパフォーマンス|トレーディングビュー

バイナンスは、マルチアセットモードでADA、USDT、DOT、USDC、SOL、BTC、BNB、BUSD、ETHのサポートを継続すると断言した。この発表では、同社の決定に対するさらなる論拠は示されなかった。

それでも、それはXRPとSECの間の法廷闘争の最中に起こった。原告と被告は最近、手続きを封印するオムニバス書簡動議を提出しました。その目的は、リップル社がXRPの販売に対して多額の罰金を支払わされるかどうかを決定することです。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー