詳細を見る

バイナンス、ASI支援のためOCEANとAGIXの上場廃止へ

5 mins

ヘッドライン

  • バイナンス取引所は7月1日付で、オーシャン・プロトコルとシンギュラリティ・ネットの全取引ペアの上場廃止と取引停止を予定している。
  • OCEANトークン、AGIXトークンは一時的に統合され、FETトークンとなり、その後、人工超知能連合(Artificial Superintelligence Alliance)トークン、ASIトークンに移行する。
  • AI暗号資産が上昇しており、FET、AGIX、OCEANが過去24時間で30%以上の上昇率でリードしている。
  • promo

取引量最大の暗号資産取引所バイナンスは、人工超知能連合(ASI)の合併を支援するため、オーシャンプロトコル(OCEAN)とシンギュラリティネット(AGIX)トークンの上場廃止と一時停止を行う。

AI暗号資産はこのニュースを受けて上昇しており、AGIX、OCEAN、FETが2桁の上昇率でリードしている。

バイナンス、Ocean ProtocolとSingularityNETの上場廃止を発表

バイナンスはASIトークンアライアンスをサポートすると発表した。支援の第一弾として、Ocean ProtocolとSingularityNETのネイティブトークン、それぞれOCEANとAGIXの上場廃止が決定した。この措置は7月1日から有効となり、トークンの取引を停止し、すべての入出金を停止する。

「2024-07-01 03:30 (UTC)に、Ocean Protocol (OCEAN)とSingularityNET (AGIX)の入出金が停止されます。この時間までにOCEANとAGIXの入金が完全に処理されるよう、十分な時間を空けておいてください」とアナウンスされている。

Binanceはまた、AGIXとOCEAN保有者のためのすべての技術的要件を処理することを約束した。この2つのトークンはBinanceでFETのティッカーとなり、Ocean Protocolは1 OCEAN対0.433226 FET、SingularityNETトークンは1 AGIX対0.433350 FETの比率で交換される。

続きを読む人工知能(AI)は暗号資産をどう変えるか?

BeInCryptoが3月下旬に報じたように、Fetch.ai、SingularityNET、Ocean Protocolは最終的な合併契約を結ぶことを約束した。契約条件では、それぞれのユーティリティ・トークンであるFET、AGIX、OCEANは1つのASIになる。事実上、彼らは「AIの研究開発における最大のオープンソースで独立したプレーヤー」を達成することになる。

この戦略的な動きは、すべての関係者が共有するビジョンである分散型AIプラットフォームの開発を促進することを目的としている。トークンがASIトークンに統合されたにもかかわらず、SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolは運営上の独立性を維持する。しかし、Superintelligence Collectiveの傘下で協力する。この新しい連合は、SingularityNETの創設者兼CEOであるベン・ゲーツェルが率いる。

この3つの組織の統合は、分散型AI技術を開拓しようとするAI志向のプラットフォーム間の競争が激化していることを反映している。その目的は、アルファベットやマイクロソフトのような技術大手の支配から離れ、企業が株主の利益のみを優先しないようにすることだ。

FET、AGIX、OCEANのトークン・ラリー

FET、AGIX、OCEANはこのニュースを受けて上昇し、同セクターの同業他社を大きく上回っている。AIトークンは30%以上の上昇を見せ、市場の信頼感を示している。

続きを読む2024年のベスト暗号資産AI取引アプリ

FET、AGIX、OCEAN 価格
FET/USDT、AGIX/USDT、OCEAN/USDT 1Dチャート、出典:トレーディングビュー

FET/USDT取引ペアを1日足で見ると、強気勢の強い決意が見て取れる。これは、相対力指数(RSI)がシグナルライン(黄色の帯)を上抜けたときの強気クロスオーバーによって示されている。

RSIのクロスオーバーは買いシグナルと見なされている。出来高プロフィールの大きな緑色の節はこれを補強している。この2つのシグナルが重なると、FET市場のセンチメントが前向きになる。パラボリック・ストップ・アンド・リバース(SAR)インジケータは、Fetch.aiの価格を下から追っています。この価格追跡インジケータが資産を下から追随している限り、トークンは強気を維持しています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー