詳細を見る

暗号リサーチャー、インド取引所の偽装を指摘

4 mins
記事 Harsh Notariya

ヘッドライン

  • 暗号リサーチャーがインドのBitbnsのハッキング隠蔽を訴え
  • ハッカーの資金引き出しはトルネードキャッシュを使用
  • CEOはハッキングによる大きな影響はないと明言
  • promo

オンチェーン探偵のZachXBTは、インドの暗号資産取引所Bitbnsが2月に750万ドルのハッキングに遭った件について、同取引所が 「システムメンテナンス 」として偽装していたと主張している。

ビーインクリプト(BeInCrypto)はこの疑惑について、Bitbnsの最高経営責任者(CEO)であるGaurav Dahake氏にコンタクトし(状況を尋ねた)。それによると、Dahake氏は、ZachXBTには連絡を取ったとし、Ask me AnythingAMAセッションでさらに明らかにすると述べたとのことである。

ハッカーはトルネードキャッシュを使用

Bitbnsが「システムメンテナンス」のためにシャットダウンした際に、同時にホットウォレット大きな引き出しがあったとのことである。この大きな出金は、ウォレット0x4960」 ー 「0x24f3」間で起きた。(これについては)Twitterユーザーの同取引所へのカスタマーサポートのツイートが、0x4960がBitbnsのホットウォレットであったことを証明している。

明らかなことは、0x24f3がウォレット0x4895に資金を送り、トルネードキャッシュ(Tornado Cash)を使って同資金が引き出されていることである。資金は0x4895から100イーサリアム(ETH)のバッチで昨年から引き出されている。その最新のトランザクションは今年2月28日で、3ETH分とされている。

出所: イーサースキャン(Etherscan)

注目すべき点は、Bitbnsがハッキングのおよそ1週間後に(システム)契約をV3にアップグレードしたことだ。暗号資産コミュニティは、アップグレードの理由を疑問視している。

CEOは大きな影響はないと明言

上記Dahake氏は、最終的にウォレットが侵害されたことをAMAセッションで認めたものの、一方でシステムメンテナンスとV3へのアップグレードが重なったと述べている。また、ハッキングの報告については、調査が完了した時点で共有したいとしている。

加えて、同CEOは同事件後でもユーザーは資金を引き出せたことを明らかにした。しかしこれに反して、一部のユーザーはBitbnsのINR出金窓口のスクリーンショットを保存しており、そこには、出金処理が 「30~60営業日以上 」で行われることが記載されているとのことである。

Bitbnsについて、またはその他ご質問などございましたらメール、またはTikTokFacebookTwitterからお気軽にお問い合わせください。

BeInCryptoの最新のビットコイン(BTC)分析については、こちら=>ここをクリック

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー