詳細を見る

ビットコイン、アルトコインの強気相場は終わったのか?アナリストの見解

7 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • ビットコインの将来はマクロ経済要因にかかっており、30,000ドルから60,000ドルまでのシナリオがある。
  • アナリストらは、ビットコインとアルトコインについて、大幅な調整局面か統合局面のいずれかを予測している。
  • センチメントと主要な価格水準が市場の方向性に重要な役割を果たす、と業界専門家は言う。
  • promo

暗号通貨市場は最近大きな乱高下を経験し、ビットコインとアルトコインの現在の強気相場の寿命について疑問が投げかけられている。

アナリストや業界関係者は、市場動向、マクロ経済要因、投資家の行動を反映し、ビットコインとアルトコインの将来についてさまざまな見解を示している。

ビットコイン、アルトコインに関するアナリストの予測

ビットコイン投資家のMurad Mahmudov氏は、ビットコインの将来について2つの可能性のあるシナリオを強調した。同氏は、価格が60,000ドル以上を維持する場合、強気相場は典型的な4年サイクルに沿って継続する可能性があると示唆した。

しかし、マクロ経済の状況によっては、世界的な景気後退がビットコインの価格を30,000ドルまで押し下げる可能性がある。

ビットコイン価格分析
ビットコイン価格分析。出典トレーディングビュー

同様に、CryptoQuantのリサーチ責任者であるフリオ・モレノ氏は、ビットコインが60,000ドルに達する可能性が高いと指摘した。同氏によると、ビットコインは短期保有者の実現価格62,800ドル前後の重要な価格水準にあるという。

この指標は、価格がこのレベルを下回る場合、サポートになるか、8%から12%の調整につながる可能性があり、ビットコインを約60,000ドルまで下落させる可能性がある。

テクニカルな観点から、取引のベテランであるピーター・ブラント氏は、60,000ドルのサポートレベルを突破すると、さらなる下落につながる可能性があると警告した。同氏は、60,000ドルを下回るとビットコインが48,000ドルに達する可能性があると指摘した。

続きを読むビットコイン(BTC)価格予測 2024年 / 2025年 / 2030年

ビットコイン短期ホルダー実現価格
ビットコイン短期ホルダー実現価格。ソースクリプトクワント

一方、市場アナリストのBob Loukas氏はより穏健なスタンスで、昨年夏に観察されたものと同様の統合期間を予測している。同氏はパターンが繰り返される可能性を強調し、市場が安定するにつれ忍耐が必要になる可能性を示唆している。

「昨夏の調整局面が、今夏に可視化された。繰り返されるとは言っていないが、何が可能か、そして忍耐が必要かを思い起こさせるものだ。

Reflexivity Researchの共同設立者であるウィル・クレメンテもまた、統合局面を予測している。同氏は投資戦略を調整し、ビットコインの中核銘柄とその他数銘柄のポジションのみを維持している。

クレメンテ氏は、ビットコインは夏の間は横ばいの動きを経験するかもしれないが、第4四半期には経済データや連邦準備制度理事会(FRB)の動きに影響され、価格が上昇する可能性があると考えている。

ビットコイン価格分析
ビットコイン価格分析。出所トレーディングビュー

アルトコインについては、Mechanism Capitalの共同創業者であるAndrew Kang氏が警戒感を示した。同氏は、ビットコインの上場投資信託(ETF)の承認によって生み出された勢いが、アルトコイン、特にイーサリアムに拡大するかどうか確信が持てないままだ。ビットコインは関心が高まるかもしれないが、同氏はイーサリアムのETFについても同じではないかと疑っている。

続きを読むアルトコインの季節とは?包括的ガイド

悲観的な見通しにもかかわらず、ブロックチェーン分析会社Santimentのアナリストは、現在の市場センチメントを指摘した。彼らは、ビットコインの価格が65,000ドルまで下落したことで、投資家の間で恐怖心が高まっていると見ている。パニック売りが続けば、この恐怖が一時的な跳ね返りと買い機会につながる可能性がある。

「売りや利益確定に関する言及が急増しているのは下落後によくあることで、小規模トレーダーからのFUDやパニックが続けば、一時的な跳ね上がりや買い機会が形成される可能性がある」とサンティメント氏は説明している。

ビットコインのソーシャルメディアセンチメント
ビットコインのソーシャルメディアセンティメント。ソースサンティメント

要約すると、ビットコインとアルトコインの強気市場の将来は不透明である。潜在的な結果は、大幅な調整から統合の期間まで多岐にわたる。方向性はマクロ経済要因と投資家心理のシフトに大きく依存するだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー