詳細を見る

パウエル議長「FRBは利下げを急がない」 ― ビットコインはCPIを待つ

6 mins

ヘッドライン

  • ジェローム・パウエル議長の講演はビットコインに影響を与え、一時5万8,000ドルまで上昇したが、その後後退。
  • パウエル議長はFRBの慎重なアプローチを強調し、利下げを行う前にさらなるデータを待っている。
  • 7月11日のCPIデータがビットコインの次の大きな値動きに影響すると予想される。
  • promo

ビットコイン(BTC)価格は9日、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が上院銀行委員会で半期金融政策報告を行ったことに反応した。

この演説は、先週木曜日の米消費者物価指数(CPI)インフレデータを前に行われたもので、今週は市場が大きく動くと予想されている。

ビットコイン、パウエルFRB議長の更新後に5万8000ドルをテスト

ビットコインは、投資家が回復のために注目している4つのファンダメンタルズの1つである米国のマクロニュースに対する大きな反応を木曜日まで待たなければならないかもしれない。火曜日、BTCはパウエルの証言に反応し、一時的に5万8,000ドルのレンジをテストしたが、その後5万7,000ドルのレンジまで後退した。

ビットコイン価格の上昇は、パウエル氏がFRBはまだ利下げに踏み切れないと述べたことによる。同氏は「信認を強めるためにもっと良いデータが必要だ」として、インフレ対策に慎重な姿勢を示した。パウエル議長はまた、インフレ率が持続的に2%の目標に近づくことの重要性を強調した。

FRB議長によると、政策立案者はインフレがもたらすリスクに注意を払い続けている。FRB議長によれば、政策立案者はインフレがもたらすリスクに注意を払い続けている。また、緩和が遅すぎても経済を不当に弱めることになりかねない。

「我々はこの2つのリスクのバランスをとっている。それが、最近我々が考えていることの本質だ」とパウエル議長

FRB議長は、会合ごとに決定を下すというコミットメントを繰り返し、入ってくるデータとリスクのバランスを注意深く評価するよう指示した。同氏によると、これが金利調整において適切な政策パスを描くのに役立つという。

その一方でパウエル議長は、労働市場は依然として力強く、経済は堅調なペースで拡大していることを認めた。

6月の消費者物価指数(CPI)は7月11日(木)に発表される。予想は3.1%で、前月の3.3%から低下する。インフレ率の低下は、BTC価格を押し上げる好材料となるだろう。

ビットコイン投資家、低い確信で慎重姿勢

火曜日の慎重なスタンスは、第1四半期のデータに続くもので、インフレの道筋に確信がないことを指摘した。FRBが利下げを急がないことを示唆しているため、暗号資産市場は一時的に動揺し、経済に対する自信のなさを示唆した。このようなシナリオは、投資家が中央銀行の決定に無関係な資産を選好して投資戦略を見直すきっかけとなることが多い。

しかし今のところ、テクニカル指標はビットコインが回復を試みていることを示しているが、強気派は確信を欠いている。モメンタム指標である相対力指数(RSI)の位置が50を下回っていることがそれを示している。しかし、RSIの安値が上昇し、5万4,450ドルのサポートが維持されていることから、回復が進行している可能性がある。

続きを読む:ビットコイン(BTC)価格予測 2024/2025/2030

ビットコイン価格パフォーマンス
BTC価格のパフォーマンス:トレーディングビュー

人気トレーダー兼アナリストのRekt Capital氏は楽観的な見方を示す。同氏によると、ビットコインは暴落後、安定の初期兆候を見せているという。トレーディングリソースMaterial Indicatorsの共同創設者であるKeith Alan氏は、サポートフロアとしての54,000ドルレンジの重要性に共鳴している。

“ビットコインデイリーシグナルのこの新しいトレンド先読みシグナルは、価格が “今日 “昨日のローソク足より下がる可能性はないことを示している。私にとっては、5万4,300ドルまで押し戻されれば無効となる」とアラン氏は書いている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー