詳細を見る

ビットコイン半減期間近:市場は50億ドルの売り越しと12万2000ドルの強気目標に備える

6 mins

ヘッドライン

  • ビットコイン半減期で採掘報酬3.125BTCに減額、採算に影響か
  • 50億ドルのビットコイン売りが予想される。
  • 10x Researchによれば、半減期後の強気相場目標は12万2000ドル。
  • promo

あと数日で、ビットコイン(BTC)は半減期に直面する。この調整により、1ブロックのマイニング報酬が6.25BTCから3.125BTCに切り下げられる。

これはマイナーの収益性に影響を与え、暗号資産市場の価格に影響を与える可能性が高い。

10x Research、強気相場のピークに12万2000ドルの目標を提示

10x Researchのマーカス・ティエレン氏は、半減期後の市場の大きな変化を強調している。同氏は、マイナーが報酬の減少を管理するために準備金を清算するため、最大50億ドル相当のビットコインが市場に溢れる可能性があると指摘している。

暗号資産市場は、ビットコインの採掘者がBTC在庫のかなりの部分を売却する準備をするため、6ヶ月間の “夏 “の小康状態で重大な課題に直面する可能性がある。過去数カ月間に苦労して築いたこれらの在庫は、市場の力学を混乱させる可能性がある」とティエレン氏は書いている。

歴史的に、ビットコインは半減期を迎える前に価格が上昇し、その後は値動きの限られた期間に入ることが多い。過去のイベントの前に32%の値上がりがあったにもかかわらず、市場は通常、横ばいの動きが数ヶ月続く長期間を経験する。

関連記事:ビットコイン半減期カウントダウン

2020年半減期後のビットコインの値動き
2020年半減期後のビットコインの値動き 出典:10Xリサーチ

さらに、SpotOnChainのハンナ・フォン氏は、価格に対する供給減少の遅延効果について論じている。同氏は、大幅な価格上昇は通常、半減期から6~12カ月後に起こると見ている。

例えば、2012年11月の最初の半減期後、ビットコインの価格は約12ドルから2013年末までに1,000ドル以上に上昇した。2016年7月の2回目の半減期後、ビットコインの価格は約650ドルから2017年12月までに約2万ドルまで急上昇した。同様に、2020年5月の3回目の半減期では、価格は約8,000ドルから2021年11月には過去最高の6万9,000ドルまで跳ね上がった。

さらに、ビットコインの優位性は2022年11月の弱気相場の安値から15%も急上昇し、同様の強さを示していないアルトコインの影を薄くしている。アルトコイン市場の反応が鈍いのは、半減期後に予想されるアルトコインの上昇をより長く待つことを示しているのかもしれない。

さらに、半減期後の生産コストは多くのマイナーにとって2倍近くになり、財務的な圧力が高まる。例えば、Marathon Digitalは1ビットコインあたりの生産コストが2万3,000ドルから4万6,000ドルに増加すると報告している。このようなコストの上昇は、採掘者が財政的に存続できるよう努力する中で、売り圧力が高まる可能性が高い。

マイニング効率とハッシュプライスの低下も半減期後の市場ダイナミクスに大きく影響する。ハッシュプライス、つまり採掘者がブロックごとに得る平均収益は、ブロック報酬の減少に伴って減少するように設定されている。この下落はマイナーの収益をさらに圧迫し、ビットコインの売却を余儀なくさせるだろう。

しかし、短期的なボラティリティの後、10x Researchはビットコインの強気相場のピークを12万2,000ドルとする目標を示している。

“ビットコインは、この強気相場のピーク時(半減期後)に、その生産コスト(〜12万2,000ドル)のおよそ2.5倍で取引される可能性がある。この12万2000ドルという半減期後の水準が、強気相場が続く場合の北極星になる可能性がある。(このサイクルにおいて)これ以上のビットコイン価格は、生産コストとBTCコストの比率の歴史的分析に基づくと、極めて可能性が低いように思われる」と10X Researchは説明している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー