詳細を見る

記録的な売上のビットコインNFT=Yuga Labs

5 mins

ヘッドライン

  • ビットコインNFTの売上高は、オーディナルが1億6900万ドル増加したため、先週のチャートでトップとなった
  • 最も人気があったのはNodeMonkesで、1週間に47,000件の取引で約4,300万ドルを売り上げた。
  • しかし、Yuga Labsは、イーサリアムNFTにさらなる有用性を与えるOtherside Metaverseプラットフォームを推進している。
  • promo

ビットコインNFTへの注目が集まっている。週末には1日の売上高で年初来最高を記録した。Yuga LabsはOtherside Metaverse プロジェクトでイーサリアムNFTへの関心を復活させようとしている。

週間売上高でイーサリアムを上回ったビットコインNFTは、Ordinalsイノベーションに牽引され、前週から80%増となる1億6,850万ドルという驚異的な売上高を達成した。この成長は、ユーティリティ・ネットワークとしてのビットコインへの関心の高まりを浮き彫りにしている。

ビットコインNFTがイーサリアムNFTを逆転

ビットコインNFTの突然の売上急増は、2023年1月に開始されたオーディナルの革新的な使用に起因している。NFT類似資産のプロトコルは、ユーザーがビットコインの最小単位であるサトシにファイルを埋め込むことを可能にする。

ビットコインNFT急増の最前線にあるのがNodeMonkesコレクションだ。売上高は4,100万ドルを超え、前週比で170%近く増加しており、NodeMonkesはビットコインベースのNFTの可能性を示す代表的な例となっている。実際、この顕著な増加により、NodeMonkesは未分類のOrdinalsに次いで売上高で僅差の2位となった。

このコレクションは、4万7,000以上の取引で4,300万ドル以上の売上を記録している。

続きを読むこれまでに販売された最も高額な11のNFT

Bitcoin Ordinals nfts sales nodemonkes
NodeMonkesの売上|出典:クリプトスラム

しかし、ビットコインのNFTが 前例のない成長を遂げている一方で、Yuga Labsのようなイノベーターが率いるイーサリアムベースのNFTは繁栄を続けています。

メタバースが提供するユーティリティ

ブルーチップのBored Ape Yacht Club(BAYC)コレクションで知られるYuga Labsは、イーサリアムNFT市場の要であり続けています。最近のOtherside Metaverseの開発によるメタバースへの試みは、NFTの実用性と魅力をデジタルコレクティブルの域を超えて拡大するという同社のコミットメントを示している。

まだ始まったばかりだが、アザーサイド・メタバースは初期のテスターからさまざまな評価を得ている。一部のユーザーは、没入感のある体験とグラフィックのクオリティを称賛しており、NFT主導のデジタル・インタラクションの新しい形の可能性を強調している。

「正直なところ、建設的な意見を言わせてもらうと、これはコンセプトの証明であって、数千万ドルと2年分の仕事ではないと感じた。失礼ながら。この階段の上り下りのように、うまく機能しないものもあるし、見落としもある」とコミュニティーのメンバーは語った

様々な意見があったが、この構想はNFTをインタラクティブなデジタル体験と統合させるための重要な一歩である。NFTにユーティリティを付与することで、イーサリアムNFTの市場での地位はさらに強固なものとなるでしょう。

ビットコインNFTの急速な上昇とは対照的に、Yuga LabsのBAYCを含むイーサリアムの確立されたNFTコレクションは高い市場評価と投資家の関心を集め続けています。この永続的な人気は、さまざまなブロックチェーンにおけるNFTの多様な魅力を反映しています。また、市場の成長を維持するためにイノベーションがいかに重要であるかも浮き彫りにしています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー